【口コミ・ネタバレ】うさぎストライプ 『「ゴールデンバット」「セブンスター」』の感想・評判評価 - ENJOY THEATER|舞台ミュージカルのネタバレ口コミ評価あらすじ

舞台

【口コミ・ネタバレ】うさぎストライプ 『「ゴールデンバット」「セブンスター」』の感想・評判評価

投稿日:

うさぎストライプ 『「ゴールデンバット」「セブンスター」』口コミ感想ネタバレ うさぎストライプ 『「ゴールデンバット」「セブンスター」』あらすじ 公開上映中おすすめ舞台ミュージカル

「デート向き演劇じゃないだろうか!?」「一人でもここまで演じれるものなのかとびっくりしました!」「佳南さん、歌うますぎてさらにファンに!」


上映中【2017年11月29日(水)~12月9日(土)公開】

うさぎストライプ 『「ゴールデンバット」「セブンスター」』とは

『ゴールデンバット』について
今回の新作『ゴールデンバット』は、東京公演に先駆けて「いしのまき演劇祭2017」参加作品として、11月18日(土)・19日(日)に宮城県東松島市で上演する一人芝居です。東松島と東京の二つの土地をつなぐ作品です。主人公は宮城県出身の菊池佳南(青年団・うさぎストライプ)が演じる東松島出身の“瑛子さん”。歌手になることを夢見て上京した彼女が、夢破れて地下アイドルのライブに通うようになり、彼女に幻想を抱く姿を描きます。

『セブンスター』について
同時上演する『セブンスター』は、2012年、2016年と上演を重ねる度に変化を続けてきた一人芝居。主人公は亀山浩史(うさぎストライプ)演じる、ガレージで自転車を組み立てる男。かつて宇宙飛行士を夢見ていた彼の、未だに捨てられない宇宙への憧れと、初恋相手の“あの子”に対する恋心を描きます。

 

キャスト
「ゴールデン~」菊池佳南/「セブン~」亀山浩史
スタッフ
作・演出=大池容子
入場料・上演時間・その他
 入場料金
S席10,000円/A席8,000円/コクーンシート5,000円(全席指定・税込)
上演時間
約2時間40分(休15分)

うさぎストライプ 『「ゴールデンバット」「セブンスター」』を観た人の感想、評価、口コミ

うさぎストライプ『セブンスター』スタッフワーク含め、劇を観て帰るまでの空間時間が好き。前回演技を評価しない旨を耳に挟んだりもしたが、一人芝居でもチームで取組んだ成果に薄い事なんてないと思った記憶があった。今回は夢想家のふんわりさを抑え、役者の骨太さを推す演出をしていた気がする。

 

うさぎストライプ『セブンスター』@アトリエ春風舎
いい感じ系の話だが、兄に対する憧れ度というか、兄の魅力自体がわからないのと、小6ならば種子島がどこにあるのかぐらいわかるだろう! という突っ込みでストーリーに乗れず。せめて演出か演技にキレがあって勢いで見せてくれれば…。

 

うさぎストライプ『セブンスター』見てきた🐰
みずみずしい作品だ。グッと心を揺さぶってくる感じ、ああ、綺麗だよなあ。なんで前回は見逃しちゃったかな…『わかば』とのコントラストもよさそうだったのに。今度も2本立てなので期待しつつ

 

うさぎストライプ「セブンスター」、アトリエ春風舎で。センチメンタルで観ているとあったまってくる独り芝居。思わず浮かんだ形容は“叶わぬ夢のグラフィックファシリテーション”。ミラーボールの光に包まれスペースシャトルを描いていくシーン、おわっと思った。これデート向き演劇じゃないだろうか。

 

うさぎストライプ『セブンスター』
せっかく黒板あるのにホワイトボード使う必要があった?
むしろ黒板のほうが、他の絵と混ざって効果的だったと思うのだが。

 

不思議なのは設定だけから言えば「あまちゃん」のような雰囲気にも出来るのになぜこんな風にレトロな音楽を集めたレトロな感覚の舞台になったのか。普段のうさぎストライプとはまったく感じが異なるのでこれにはびっくりした。

 

うさぎストライプ「ゴールデンバット」観劇。作者も主演も30前後のはずだが、この選曲はいったいどこで知った?懐かしいけど受験時のBGM太田裕美なら私と同世代。大学時代には山口百恵やキャンディース。少しすれば大滝詠一も流れてたはずと指摘すると「あれはBGMだ」とのこと。そんなことあるのか。

 

そして海原瑛子よろしくまんまと憂いを帯びた喪服地下アイドルの虜になった私はサインをおねだり致しましたとさ←

 

想いを重ねて酔いしれた、まるで走馬燈のように我が想像力をも逞しくさせる彼女の熱演が眩しかった、一人芝居では長丁場の70分があっという間に過ぎ去った。

そして緩急のテンポ感が心地よくてとても楽しかったのだ、素晴らしかった。
うさぎストライプ『ゴールデンバット』

 

うさぎストライプ『ゴールデンバット』菊池佳南の一人芝居を堪能できたこの醍醐味なんたる美味しさかなお得感を噛み締めている、まさに「菊池佳南・歌謡ショー」だった。憂いを帯びた彼女にフォークソングは良く似合う、そして私はそんな人生の詩にノスタルジーを擽られて彼女が映し出す様々な想いに

 

うさぎストライプ「ゴールデンバット」@アトリエ春風舎観劇。菊池佳南のひとり芝居。青年団リンクホエイに引き続き2作品連続でアイドル役だが、前回の怪談アイドルに続き今回は懐メロアイドルと、地下の中でもB級感が漂うのはなぜ?これはもう「青年団のアイドル」と名乗っても間違いではない(笑)。

 

うさぎストライプ『ゴールデンバット』、どちらが本編でどちらがスピンオフか、ホエイ『小竹物語』と同じ世界観でできているような作品だった。

 

うさぎストライプさんの公演、とっても楽しかったです!!
あんな狭い舞台でも奥行き活かしたり上手く使われていてとても驚きました!菊池さんの歌唱力にも感動して、感化されてカラオケ行った程です!💦
本当に素晴らしい公演をありがとうございました!

 

うさぎストライプのゴールデンバッドを観劇してきた。来週は東京で公演するのでネタバレにならないように言うと一人芝居なのに分かりやすく笑えて音楽もあり楽しい芝居でした。
1番はおれ観れないかもって思うくらいお客さんが来てくれて良かった。

スポンサーリンク

 

音楽を効果的に使ったお芝居を観劇してきたので、ふと思い立ってクローゼットからストラトキャスターを数年ぶりに取り出し、アンプにも繋がず生で鳴らしてみたが、ろくにコードも押さえられなくなってて結構ショックだった。指が痛い。

 

佳南さんしゅごかった…歌うますぎてさらにファンに😍

 

なんてったって美人…!なんども観に行きたくなるくらい素敵な演技がみられて本当に良かったと思います…!ありがとうございました🙇

 

しかも、それぞれの役がしっかり生きていて、どの人(役)が喋っているのかとてもわかりやすかったです!!
アイドルってキラキラしてて女の子の憧れ、って感じだと思ってたけど、アイドルってなんだろうって改めて考えさせられました。
そして、菊地さん!歌がうまくて演じ分けも完璧だし↓

 

《うさぎストライプ》さん
今まで一人芝居というものにあまり縁がなかったけれど、初めて観劇して一人でもここまで演じれるものなのかとびっくりしました…。
最前列で観ていて、始まり方もスッ、って自然だったからあっあっ、はじまってる…!!って一人で感動してしまって…↓

 

うさぎストライプさん
ゴールデンバット観劇終了!
幼稚園、小学校を70年代で過した者にとって
更に色々あった者にとって
グサグサ刺さる事ばかり…
いやぁ、来て良かったです!

 

公演終わりました。
物凄く歌いたくなったのでカラオケ寄ってから帰ります(褒め言葉です

 

うさぎストライプさんみにきたー!佳南さんしゅきしゅき!うさぎかわいい。超満席だ〜

 

うさぎストライプさんの公演で初めて1人芝居を見たのですが、たくさんのキャラクターを演じ分けていてとてもわかりやすかったです
他にも歌や動きが沢山あってとても見ごたえがありました
照明も場面によって細かく明るさを表現されていてよかったです

 

うっわー!!!まとめらんねえ!!!!!とりあえずとても好きでした!!!!

 

一人芝居って奥が深いんだなと思いました!!!背中を向けて喋るっていうのも効果的だなと思いました!!!歌が上手い!!!!!ずっと聞いてられる!!!!!!人が変わると照明も変わって変化を感じやすかったです!!!!!

 

その場面が思い浮かんできて、私もこんな風に演じられるようになりたいな。と思いました。歌っている時にのれたりできたのも、自分も劇に参加出来ている感じがあり楽しかったです。

 

沢山の役によって声を変えれるのも凄いなと思いました。また、客席との距離が近いからこそ、お煎餅の香りだったりとか、外の風とか空気とかを直に感じることができて楽しかったです。外の風景すらも劇の一部に使われていて、凄いな。と思いました。

 

うさぎストライプさん、ゴールデンバットお疲れ様でした!面白かったです!
演劇祭で一部を拝見したのですが、動きが付いたことでその時に見た雰囲気とはまた違く、瑛子さんの過去のシーンが竹下通りと共に浮かんできました。
歌声が綺麗でした!

 

個人的に、最後の最後の演出に注目して欲しいです!!!
そう言えば演劇部のみんなと話し合いするのを忘れてしまったけど、観劇した皆さんはあのシーンをどのように捉えたのでしょうか。。

 

私を含め一人芝居を観るのはみんな初めてだったので、刺激され、部員達の中にまた新たな希望が生まれたようです。
菊池さんは「みんなに負けないように頑張らなきゃ!」と仰ってくださりましたが、そんな私達の方こそ頑張らなきゃと思いましたね!!

 

どんどん感情移入してしまう登場人物の愛らしさ、美しい歌声、ころころ変わる表情からは目が離せません。主演の菊池佳南さんご自身もとても魅力的な方で、もっとこの人のお芝居を観てみたい。そう感じました!!

 

大人からから子供まで演じ分け、歌って躍って、あっちこっちを動きまわり、感情もあっちこっちと演らなければいけない…そんな60分間をお1人で演じきった菊池さんがとってもカッコ良かったです!そこに存在しない人物の声を聞かせてくれて、そこに存在しないモノも全てお芝居で見せてくれたのです!

 

ライブシーンでは大人にとっては懐かしい曲、そして意外に私達世代でも思わず口づさみたくなるような曲もあって楽しめました!!地下アイドルが出てくるということで勝手にキラキラした物語を想像していたのですが、大人の雰囲気漂う作品でした!

 

うさぎストライプ『ゴールデンバット』
ラスト付近の演出に完全にやられました。1時間かけて丁寧に積み重ねてきたものがあったからこそ揺さぶられたのだと思う。
しかしかなみちゃんってほんと昭和の女が似合うなぁ、、めっちゃ生き生きしててこちらもほっこりしながら観られたし、いい時間でした。

 

瑛子さんは歌が好きで、歌に生かされていた。歌もたぶん瑛子さんのことが好きで、瑛子さんをどの時代にも受け入れ、人生を喝采したように思う。個人的には瑛子さんがあの人にあれを渡したのが象徴的に不細工で愛おしかった。

 

物語全体を通して瑛子さんの存在感が強くあって、老いた後ろ姿のイメージは帰ってからも脳裏に焼き付いている。瑛子さんは居ても居なくても存在感が強い。まさにアイドル。当人がいないのに存在は感じていて、みんなで囲んでるようなあの感じ。なんだろうと思ったら、なるほど、そういう場所だった。

 

若い人は分からない歌がたくさん出てくると思うけど、歌詞もしっかり受け取ってあげて欲しい。そして今回のいしのまき演劇祭、唯一の一人芝居です。主演の菊池佳南さん、演劇祭で繋げて来たバトンと、キャラクターの人生を背負って闘ってます。すっごい大役だ。

 

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY THEATER エンジョイシアター

スポンサーリンク

-舞台
-, , ,

Copyright© ENJOY THEATER|舞台ミュージカルのネタバレ口コミ評価あらすじ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.