ENJOY THEATER

注目の、舞台・ミュージカルなどの口コミ、評判、評価、感想などを一挙公開!!

【みんなの口コミ】ミュージカル『生きる』の感想評判評価

ミュージカル『生きる』口コミ感想ネタバレ ミュージカル『生きる』あらすじ 公開上映中おすすめ舞台ミュージカル

「感動必至!涙が止まらない!心を動かされる!」「市村さんのロングトーンが鳥肌ものでした!」「再演を重ねていくべき作品!」


上映中【2018年10月8日(月・祝)~10月28日(日)公開】

ミュージカル『生きる』とは

役所の市民課の課長・渡辺勘治は、早くに妻を亡くし、男手一つで息子の光男を育てあげ、息子夫婦と同居している。

そんなある日、渡辺に胃がんが見つかり、自分の人生が残りわずかであることを知る。疎遠になりつつある光男にそのことを打ち明けられない渡辺は、自らの生涯を振り返り、意味あることを何一つ成し遂げていないことに気づき愕然とする。

現実逃避のため、大金をおろして夜の街に出るも、金の使い道がわからない。彼は30年間真面目一筋を貫き、自分の金で酒を飲んだことすらなかったのだ。そんな時、居酒屋で売れない小説家に出会う。渡辺の境遇に興味を持った彼は、“人生の楽しみを教えてやろう”と宣言し、盛り場を二人で何軒もはしごする。しかし渡辺の心は一向に晴れず、虚しさばかりが募る。

翌日、役所の後輩・小田切とよが渡辺の元を訪ねる。渡辺は、はつらつとしたとよの初々しさに触れるうちに、自分の人生になかったものを見出すようになる。そしてついに、わずかな余生でなすべきことを、見つけるのであった・・・。

 

 

キャスト
市村正親/鹿賀丈史/市原隼人/新納慎也/小西遼生/May'n/唯月ふうか/山西惇 ほか *一部Wキャスト
スタッフ
作曲・編曲=ジェイソン・ハウランド 脚本・歌詞=高橋知伽江 演出=宮本亜門
入場料・上演時間・その他
 入場料金
全指S席13,000円/A席9,000円/B席4,000円/7日プレビュー公演S席12,000円/A席8,000円/B席3,000円
上演時間
約2時間15分(休20分)

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

ミュージカル『生きる』を観た人の感想、評価、口コミ

 

 

 

 

◉ミュージカル「生きる」の感想が軒並み生きるとは何か!
みたいな感じで暗いのやだなぁ、ハッピーなのみたいと思ってたけど俄然興味が湧いてる。

 

 

 

 

◉ミュージカル生きる を観劇してきました。
本日初日の鹿賀さんの演技を観て、1幕途中から涙が止まりませんでした。
最後は納得のスタンディングオベーション。
明日には帰国されてしまうジェイソンさんの指揮による演奏も聴けて、今日行って本当に良かったです。
もう一度観劇したい作品です。

 

◉ミュージカル 生きる
プレビュー公演。うーん、私にはあまり合わなかったみたいだ。何か疲れた。
主人公がヒーロー化されてるように感じてディズニーみたいだなって思った。
映画の、この男の場合はこう考えて、こうしたんだよってただ淡々と語られる押し付けがましくない感じの方が好きだった

 

◉ミュージカル生きる…昭和とミュージカルの濃厚なマリアージュ。
この役をあの二人が交互に演るのかい?壮絶な無駄遣いじゃないのかい?と思った1幕。大いに裏切られた2幕。必見!

 

◉ミュージカル「生きる」初日終演。
雪のブランコのラストシーン、涙止まらんかったな。スタンディングオベーションを受けて、演出の宮本亜門さん、作編曲のジェイソン・ハウランドさんも登壇。初演初日ならではの豪華なエンディング。

 

◉亜門さんは舞台全体の空間を使うのも上手いから、ぜひ上の方も見てみてほしいですね。
1幕ラストと2幕ラストは号泣必至です....˚‧º·(ฅдฅ。)‧º·˚.

 

◉ミュージカル生きる。
泣くつもり無かったのにボロ泣きしていた…。
周りも鼻をすする音だらけ。
結末も流れもわかっていても、素晴らしい演出と市村さんの演技にやられた…。

 

◉ミュージカル「生きる」初日観てきた。
あの寡黙な映画を、饒舌なミュージカルに翻案した大胆さ。
映画とは別物だけど、ひとつのエンターテイメントとして昇華されたとも。
生で市村正親のゴンドラの唄を聴けば、そりゃ泣きますって。

 

◉黒澤映画初ミュージカル
生きる
一幕終了
めっさこの時点でもカンドーしてます
そして予想通り、市村正親さん版だけでなく、無性に鹿賀丈史さんのもすでに観たくなってます。どちらも観たい!!!

 

◉特に印象的だったのは市村さん演じる渡辺のあの曲!!
圧巻で気が付いたら拍手と涙がでていた
現実に戻されてしまうのが残念で休憩を入れずにそのまま続きを観たい気持ちで一杯になった
最後のシーンの演出もとても幻想的で素敵✨

 

◉舞台転換とかも楽しいし市民課の机移動とか二階での夫婦のやりとりとか細かい所にも見所が沢山あって目が追い付かなかった

 

◉ミュージカル「生きる」。とても素晴らしい作品だった。
ミュージカルが初の私でも、その凄さを実感できた!まだ観てない人は1度観ておいて損は無い。

 

◉ミュージカル生きる
鹿賀丈史さん 新納慎也さん 唯月ふうかちゃん(小田切とよ役) May’nさん(渡辺一枝役)の初日を観劇
細かいころに違いがありました。両バージョンとも良かった♪

両役とも素敵ですが、個人的なイメージ的に とよ=ふうちゃん、一枝=May’nさんかな。

 

◉ミュージカル「生きる」観劇してきました。
映画とはまた違った感動を感じ、映画とはまた違った考えさせられる場面があったりと、とても心を動かされました。

 

 

 

 

(Visited 2,336 times, 1 visits today)

次のページへ >

© 2022 ENJOY THEATER|舞台ミュージカルのネタバレ口コミ評価あらすじ