ENJOY THEATER

注目の、舞台・ミュージカルなどの口コミ、評判、評価、感想などを一挙公開!!

【みんなの口コミ】ミュージカル『笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-』の感想評判評価

「衛藤美彩さん初めて見たけど可愛いくて綺麗な声で天使すぎた!」「浦井健治と石川禅の歌での掛け合いは鳥肌ものだった!」「夢咲ねねの圧巻の演技、歌唱力で素晴らしい!」


上映中【2019/04/09 (火)〜2019/05/26(日) 公開】

ミュージカル『笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-』とは

本当に醜いのは、刻まれた貧者の笑顔か、それとも富める者の嘲笑か。
運命に翻弄される“笑う男”が辿り着く先に待っていたものとは——

 

キャスト
浦井健治、夢咲ねね(Wキャスト)、衛藤美彩(Wキャスト)、朝夏まなと、宮原浩暢、石川禅、山口祐一郎、他
スタッフ
演出:上田一豪
脚本:ロバート・ヨハンソン
作曲:フランク・ワイルドホーン
入場料・上演時間・その他
 入場料金
4,000円 ~ 13,000円
【発売日】2019/01/19
料金(消費税込)
S席:13,000円
A席: 8,000円
B席: 4,000円

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

ミュージカル『笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-』を観た人の感想、評価、口コミ

◉ミュージカル『笑う男』観劇しました。
楽しめました。
曲が素晴らしいですね。
朝夏まなとさんの歌素敵でした。
衛藤美彩さんも綺麗な歌声。初日おめでとうございます。

内容に付いては後日。

座席位置がとても良くしっかり見れました!

終演後入り口に居た男性が作曲のワイルドホーンさんなんですね。
にこやかな方でした。

 

◉笑う男、日本初演ミュージカルを観劇。
ユゴーの世界、ワイルドホーンの楽曲、
そして、主演の浦井健治くん、山口祐一郎さん、夢咲ねねさんの圧巻の演技、歌唱力で素晴らしい初日でした。

さらに進化をお祈りします。

 

 

◉『笑う男』昨日の初日と今日のマチネ観てきました❣️
また一つ、ステキ✨なミュージカルが誕生したな〜と感激😆
そして、今日、祐一郎さんの38周年デビュー記念日✨にも立ち会えて、とても幸せな時間でした🍀
明日からまた頑張ろう❣️

 

◉【ミュージカル 笑う男】
舞台美術、衣装、世界観がとっても好みな作品でした。
優しさを内包した浦井グウィンプレン。この役を浦井くんで見れて良かった…。
心の空虚を埋めるかのようにグウィンプレンを求めるジョシアナ公爵は哀しい女性。
朝夏さん素敵でした。激しく求める場面はドキドキ。

 

◉初のミュージカルで衛藤さんが初日を迎える『笑う男』を観劇してきました。
デア役の衛藤さんは、いつもの衛藤さんと違って、側で守ってあげたくなりました☺️
そして、歌声に感動しすぎて涙が止まりませんでした😭
ここからスタートする衛藤さんの新たな人生を応援しています。

 

◉「笑う男」昼公演を観劇。
正直、一幕は少し退屈したけど、物語が動く二幕からグッと惹きつけられた。
ユゴーの重い問いが胸に刺さる。

みさ先輩は経験豊富な役者に囲まれて初々しくもあったが、
逆にそれが役にハマっていたと思う。
ミュージカル女優としての第一歩が観られて良かった。

 

◉笑う男観てきました!
日本初演の初日を観に行けたのはなかなかレアな体験できたかな!
笑いありながら鳥肌が立つほどの感動もあって何回も見に行きたいって思えるほどいい作品でした!
夢咲ねねさんめちゃくちゃ可愛かったです!
ミュージカルに関心のないみさみさ推しの方でも楽しめると思います!笑

 

◉ミュージカル『笑う男』のGPへ。
とにかく美術が豪華。前田文子さんの衣装も毎度のことながら素晴らしい。
浦井健治さんの圧倒的な歌声、繊細なお芝居は当然見応えありまくりでしたが、
盲目の少女・デア役の衛藤美彩さん、ジョシアナ公爵を演じる朝夏まなとさんら女性陣がとても良かった。

 

◉衛藤さんは乃木坂卒業後初の舞台。
そのフレッシュさや護ってあげたくなるような可憐さが役にマッチしていて、
丁寧に感情の変化を演じられているのが印象的だった。

朝夏さんのジョシアナ公爵めっちゃいいですよね。強さと歪さと空虚さが。
彼女の欲望に忠実な姿はけっこう支持されると思った。

デアが危険な目に合い、恐怖心から彼女が心を閉ざしてしまわないように、
共に暮らしてきた仲間の女性たちが「大丈夫だよ」ってあたたかく見守り励まし、
デアが笑顔を取り戻していくシーンがいちばん好きだったなあ。
とても美しいシスターフッドが描かれていた。

 

◉初めてミュージカルで盲目の女性を演じた美彩が本当に盲目の女性に見えたし、
何よりも歌声も素晴らしかった!
前から4列目で見れて歌声で鳥肌も立ったし、とても感動しました。
そしてカーテンコールで浦井さんに話を振られてた時の美彩の言葉にも感動した!

 

 

 

 

◉日生劇場にて『笑う男』観劇してきた~‼️
浦井くんの歌やっぱり素晴らしい‼️浦井くんと石川さんの歌での掛け合いは鳥肌ものだったー❗️
二階席だったのが残念だったけど・・・もう一回観たい❗️

 

◉"笑う男"初日を拝見させて頂きました。
楽曲素敵!
教え子ちゃんの大劇場デビューでしたので久々に変なドキドキをしながら観てました。
カンパニーの皆様千秋楽まで、頑張って下さい!

 

◉日本初演‼️
ミュージカル♫「笑う男」-永遠の愛-

「レ ミゼラブル」の著者ヴィクトル・ユゴーの原作なので、
どれほど重くて考えさせられる作品かと思いきや…

ウルシュスの愛がドキュンとストレートに…💕

個人的には、今まで観た山口祐一郎さんの作品の中で、
人間の役としては、ビジュアル的にも、役的にもナンバーワン😍

 

◉初日
ミュージカルを観てきました!
世界観に引き込まれた……
キャストの皆様の迫力と音楽に
圧倒された時間…
3公演観られる幸せを噛みしめる。

 

◉『笑う男』The Man Who Laughs

まぁ様、ねねちゃん、そして宇月颯パイセンご出演の笑う男を観劇してきました😍

まぁ様のジョシアナ公爵、可愛かった💓
もともと色白かわいい系美人さんなので、
女子に戻るのに障壁が少なさそう(に見えるけどきっとご本人の努力もすごい)なまぁ様の貴族女子、
いい感じのわがまま具合でした✨
そして出番がめちゃくちゃ沢山あったので、ファンとしては嬉しい舞台でした😘

そして卒業から初めて舞台上で見るねねちゃん。
もうね、裏切りませんよ。夢咲ねね健在です。

儚くて純粋なデアをしっかり演じきっておられました。あの美しい長い首💓
星組時代のジュリエットを思い出しつつ、
それでもナポレオンの妻みたいな年上大人女性もできるのを、私は知っています!!
やっぱりねねちゃんがめっちゃ好きだ!!どうしよう😍😍😍

そして宇月パイセン〜可愛かった〜💓
予習を全くせず観劇に臨んだので、
「あれ、あの人見たことある…宇月パイセンだ!!」と嬉しいサプライズ🤩歌も踊りもパワフルで良かったです😊

他の役者の皆様も実力の塊で、特に石川禅さんが素晴らしかった!!
本作は日本初上陸ということですが、お話も面白くて、良い舞台でした🌟

 

◉🎬笑う男😆
笑う男観て来た。

う〜ん、なんだろうこのモヤモヤっとした感じは😞
これヴィクトルユーゴの原作なんだよなぁ。
音楽もワイルドホーンだし、
演出だってロバートヨハンソンなんだよなぁ。
なのになんだこのスッキリしない感じは😓⁉️
ってのが観劇後の第一印象。

いや、けっこうジワジワ来る箇所あったんだよ。
特に祐一郎さんの父性愛溢れる歌や言葉や振る舞いには何度も何度も涙腺ユルんだし。
正直、祐一郎さんってこれまでちょっと苦手だったんだけど、
このウルシュスって役がちょっと胡散臭いんだけど実は人間愛溢れたオヤジって設定で、
祐一郎さんと妙に共鳴して良かったんだよね〜〜✌️

あと他の皆さんも絶賛してるまあ様ジョシアナにも心奪われました😆
いやもう私的にはこの方が主役だったんじゃないのって感じですから😅
Sっ気たっぷりの悪女演技もう最高。あの目力で私をものにしてみなさいよ‼️とか言われたらオレは速攻堕ちるで😂
歌も芝居も超一級の大女優オーラ発散しまくりでしたね🥰

盲目のねねデラ嬢がまた儚くってか弱気で可憐な少女で、守ってあげたい度100点満点☺️
個人的にはねねオランプがイマイチで、前作ねねメグでおぉっと戻って来て、
このねねデラで一気に極私的殿堂入りって感じ✌️ラストもジワジワ泣かされました。

そして笑う男浦井健治グウィンプレン。
やはりこの人は狂気と正気の振れ幅がでかいほど真価を発揮するんだね。
今日も所々、頭じゃなくって身体が反応するようなシーンでゾクゾクっとさせられた。
にしてもあのまぁ様ジョシアナの誘惑にはよく打ち勝ちました👏👏

あとはフリークスの面々がそれぞれ味があって印象深く😊
特に覚えてるのが栗山絵美さんの蛇女とコリ伽路さんの猿少年。
栗山さんはとにかくすらっと高身長で目立つ目立つ。
王家〜デスノ〜フランケンとあっちこっちでお目にかかりましたが、今回が一番セクシーです😘

他にも、禅さん相変わらずの安定安心でちょっとレディベス大司教っぽかったりもご愛嬌、
上野哲也さんは嫌な奴ワペンテイクより父卿の時の一節に唸りました、
宮原さんは最低野郎を大好演でファン増えただろうな。

あと、リトルグウィンプレンの大前優樹君が本当にお上手。
メリポピマイケル〜ラバネバグスタフからの本作だけど、どんどん進化成長してて、
日本の子役ってもしかして世界の中でもレベル高い方なんじゃないの〜〜と思った🤨

ってな風にキャストさんはそれぞれ良い味出してくれてるんだけどね〜〜😞😞
でも結局、観終わった後になんだかスッキリしないモヤモヤ感が残ってさ〜😓😓😓

正直、もっともっと残酷で虐げられてる人の話かと思ってたんですよ😩
だって子供の頃に口裂かれちゃったっつうんだもん。18禁的ショッキングシーンとかあったりして、
で、そういう最下層の人たちやいわゆるフリークス達の抗えない宿命を通じて人間愛や本当に大切なものを説く、
そういう話なんだろうなぁ、と勝手に想像してたわけよ。

でもまぁそこまで悲惨な話じゃなくってね。
どちらかというと、現実的というより作り話的なお話で、
え〜〜っそうなのぉ〜〜的なグウィンプレンの秘密が、
お話全体の厚み深みをちょっと削ぐ事になっちゃってたような...

とりあえず、まだ幕開いて2日目だし、
少なくともあと2回見るし、
その中で舞台も私も深化して行くことを期待して今宵はここまでにしとこうと思います。

さて次の観劇はいよいよ「レミゼラブル2019」プレビュー初日っ😆 高まるねぇーっ🤣

 

(Visited 2,261 times, 1 visits today)

次のページへ >

© 2022 ENJOY THEATER|舞台ミュージカルのネタバレ口コミ評価あらすじ