舞台

【みんなの口コミ】一人芝居『エブリ・ブリリアント・シング』~ありとあらゆるステキなこと~の感想評判評価

投稿日:

「佐藤隆太の人柄が伝わってくる!」「演者と客席が一体となって演劇空間を完成させる面白さ!」「演劇の可能性に満ちた作品!」


上映中【2020/01/25(土)~2020/03/01(日)公開】

一人芝居『エブリ・ブリリアント・シング』~ありとあらゆるステキなこと~とは

海外で一大旋風を巻き起こした一人舞台 日本語上演決定!
僕が7歳の時に、ママが入院した。どうやら、生きることが切なくなってしまったみたいだ。
僕はママを勇気づけようと、ステキなことやステキなものを、ノートに書き出してみた。

1番 アイスクリーム
2番 水鉄砲合戦
3番 寝る前に見るテレビ
4番 ………………
そして1000番まで集まったら、
ママは、きっと元気になる!そう信じて。ママは時折、僕のノートを見てくれていたみたい。だって、まちがった字を、ちゃんと直してくれたもの。
そんな子ども時代を過ごした少年が、大人になっても、ステキなことを書き続けている。それは……。

ちょっと切なくて、でも明日も生きていこうと勇気を与えてくれるひとときをお届けします。

 

キャスト
佐藤隆太
スタッフ
演出:谷賢一
脚本:ダンカン・マクミラン、ジョニー・ドナヒュー
入場料・上演時間・その他
 入場料金
1,000円 ~ 5,000円
【発売日】
全席指定・税込【プレビュー公演[25日(土)・26日(日)]】
一般 4,500円
65歳以上 4,000円
25歳以下 2,500円
高校生以下 1,000円【本公演】
一般 5,000円
65歳以上 4,500円
25歳以下 3,000円
高校生以下 1,000円
※未就学児はご入場いただけません。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

一人芝居『エブリ・ブリリアント・シング』~ありとあらゆるステキなこと~を観た人の感想、評価、口コミ

 

◉佐藤隆太さんの1人芝居「エブリ・ブリリアント・シング」を観てきました❤️
もっと軽い内容なのかと思ってたら…凄く深いストーリー…✨
観客参加のお芝居なので日々少しずつニュアンスの違いを楽しめそう🎵
もう一度行けるかなぁ⁉️(行きたい😂)

 

◉舞台「エブリ・ブリリアント・シング 〜ありとあらゆるステキなこと〜」を観劇させていただきました🥰🍀
内容も素敵ですが、素敵な仕掛けが沢山あって何度でも行きたくなる舞台です😳!

 

 

◉「エブリ・ブリリアント・シング」

実用的な演劇を日本でももっと見たいと思ってる口だが、
終演後「まさに」という思い。

鬱病を抱える母と、彼女を支える父と、
成長していく息子を佐藤隆太さんと観客が演じる1時間余り。
普段気づかない心の襞が解される。
人の人生に演劇は必要だし、役に立つ。

佐藤さん演じる青年との対話が観客を変えていく、
あの何かが開かれていく自由になっていく感じ!
もう一回行かなくては。ロングランでやってほしいくらい。

 

◉『エブリ・ブリリアント・シング』観劇。
お客さん参加型の作品だからか、佐藤隆太さんとお客さんとの一体感みたいな、
お互い素敵な作品を作り出そうとしている空気みたいなのが良かった。
途中気持ちが苦しくなるところもあったけど、終わる時にはほっこり心があたたまる作品でした。

 

◉観客参加型芝居『エブリ・ブリリアント・シング』観ました!

客入れからずっと
隆太さんの誠実な人柄が溢れまくり、
終わる頃には見ず知らずだったお客さんたちまで愛おしくなります💓

高校生以下1,000円だったり😆
いろんな人が演劇を楽しむきっかけになればいいな!

 

◉「エブリ・ブリリアント・シング」
開演直後は会場全体に緊張感が張り詰めていたけど、
すぐにハッピーな空気感に。

これには佐藤隆太さんの
自力・人間性と確かな脚本・演出の力を感じました。

そして無料でもらえるパンフ、いやライナーノーツだね。
デザインも中身も素敵です。

 

◉佐藤隆太さんの一人芝居「エブリ・ブリリアント・シング」を観てきました。
観客もカードのセリフを読んだり、ステージに上がったり、まるで役者の一員になれたみたい!
めちゃくちゃ笑って、ちょっとしんみりして、凄い楽しい時間でした。ありがとうございました😊
来週も行こうかな〜

 

◉佐藤隆太さんの一人芝居、観客参加型の
「エブリ・ブリリアント・シング」をプレビュー観劇。

普段のお芝居の見方で好みは分かれると思う。
観客参加型なので、前の方の席が楽しめるはず。

佐藤隆太さんの体力にも驚くけど、
すっごく良い人だろうなと人柄が伝わってくる。
ファンには堪らないだろうなあ

 

◉佐藤隆太さんの一人芝居、
観客参加型の「エブリ・ブリリアント・シング」を観劇。

普段のお芝居の見方で好みは分かれると思うけど、
観客参加型なので、できるだけ前の方の席を取ってほうが楽しめるはず。

 

 

◉「エブリ・ブリリアント・シング」を先日観てきました。

あの、高校生以下1000円なんですよこれ。絶対行ってほしい。
観客参加型なんですけど、こんなに素敵な演劇体験は、
僕の中では初めてでした。

素人の方が、佐藤隆太さんにつられて、
台詞に感情がこもっていくところがあって、あぁ、演劇だ!って。

 

◉『エブリ・ブリリアント・シング』

演劇の可能性に満ちた作品!
演者と観客の間にある見えない壁は、
よく練られた脚本のシンプルな方法で取り払われ、

そこで語られることや感情を、
皆で「分かち合う場」になったように感じた。

佐藤隆太さん、素敵でした。

 

◉「エブリ・ブリリアント・シング」を観る。
ダンカン・マクミラン作の観客参加型の一人芝居。
谷賢一の翻訳・演出。
佐藤隆太のスタンダップコメディ風。
こういった観客参加型の芝居は良し悪しがあるが、
今回、自殺未遂を繰り返す母を持つ青年の切なさに心情が寄せられる。
だが、少し表層的に思う。

 

◉泣けました(T0T)
佐藤隆太 さんのひとり芝居
『エブリ・ブリリアント・シング』

終始「愛の物語」だと思いました
親と子の愛、パートナーの愛
そして自分が自分を愛すること

途中で信作と百合ちゃんの夜中の電話っぽいエピソードが有って
やはり草間流柔道さんだな!と思いました(笑)

 

◉エブリ・ブリリアント・シング〜ありとあらゆるステキなこと〜

ほぼ“エジンバラで3年上演”だけで決めたけど、当たり✨
「どうして?」しか言わないお父さんとの会話とか、
すごく良くできた脚本だと思いつつ、お手伝いの皆さんが素敵だった。
ラスト近くでリストに「文字」が出るのにグッとくる。

 

◉『エブリ・ブリリアント・シング』。
開場と共に舞台をぐるりと取り囲んだ客席を廻って
役者がカードを配り乍ら一人一人に丁寧に説明していくんだが、
芝居が実際に始まってみると佐藤さんが舞台進行上の効果を考え乍ら細かく
キャスティングしていたのが解って驚愕する。比喩でなく同じ舞台は一つとない。

 

◉『エブリ・ブリリアント・シング』。
細かいネタバレは遠慮しておくけれど、
一般席ではない最前列だった事もあって、

比較的簡単な役を振られた上に、
僕が膝に乗せていたコートまで主人公の愛犬になってしまう。
まさか我がコートが佐藤さんの腕に抱かれる事になるとはね。

 

◉『エブリ・ブリリアント・シング』
ひとつひとつの番号にうんうんと頷きながら観劇。

グッとくるのがいくつもあって、出来ればじっくり読んでみたくなるし、
自分でもリストを書いてみたくなる。

1、楽しいお芝居を観たあと、誰かに話したくなる感じ
2、佐藤隆太さんの手のしぐさの感じ

 

◉エブリ・ブリリアント・シング
楽しい時間を過ごすことができました!
愛犬を抱きしめながら余韻に浸っております!
隆太さん最高です!

 

◉『エブリ・ブリリアント・シング』。
観客参加型演劇としてはKAAT『マハゴニー市の興亡』で
プラカードを持ってデモ隊の末席で行進したり、
『梅ちゃんの青い部屋』でポカスカジャンに眠れる
梅ちゃんを起こすよう頼まれたりはあったけど、
観客のボランティアなしには成立しない芝居は初めてかもしれない。

 

◉『エブリ・ブリリアント・シング ~ありとあらゆるステキなこと~』観劇。

うつ病の母を励ます為に
膨大な《ステキなことリスト》を綴る少年の人生が、
観客の手を借りて語られる。

演者と客席が一体となって演劇空間を完成させる面白さ。
佐藤隆太スゴい。


 

◉「エブリ・ブリリアント・シング」
観客参加型はちょっと苦手という人にも観てもらいたい。

参加というより一緒につくっていく感覚。
観客の存在も作品に組み込まれている。
戯曲の持つ揺らぎない核と自由で柔軟な余白。
観劇は一期一会だということが実感できる。

 

◉「エブリ・ブリリアント・シング」観劇。
薄々聞いてはいたものの…谷さん攻めてる。
毎日全然変わるんだろな。

隆太さん大変だろうけどそんなのは感じさせず、
相手に無駄な緊張をさせない彼だからこそ出来る舞台だと思ったよ、ハイタッチ🤚

 

 

◉夫と舞台「エブリ・ブリリアント・シング」観てきました。

一言とはいえ客席にいる自分が声を出して、
作品に参加することができたのすごく貴重な体験だったな。

佐藤隆太さんのキャラクターとやりとりで、
一緒に観ていた観客のひとりひとりがが
素晴らしい脇役に変わる瞬間を観たよ。

 

◉エブリ・ブリリアント・シング
面白かったー。
参加できて尚よかった。皆さんお上手。
隆太さんお疲れ様ありがとう。

 

◉『エブリ・ブリリアント・シング』みてきた!

観客参加型ってゆらぎが大きいけど、
佐藤隆太さんの空気感が全てを包んで、
観客を演者にさせてた気がします。
客電付きっぱなもんで、むしろみんなを見ていたかも。よかった

 

◉エブリ・ブリリアント・シング」のゲネプロを観劇したのです。
一人の男が自分の半生を語る1時間強。

劇的な展開があるわけではない。
でもとんでもなくマジカルな瞬間がどんどん出てくる。
一人の俳優とスタッフさんと、そこに僕たち観客も加わってそれを起こす。

息切れしてる佐藤隆太さんが最高にチャーミングで、
その時の客席の一体感といったら凄まじくて、
あそこで僕はめちゃくちゃに感動してしまったなぁ。

 

 

 

 

◉佐藤隆太さんの一人芝居
『エブリ・ブリリアント・シング』
ゲネプロ観て来ました。

稽古も何度か参加させていただいた。
観客参加型の演劇。

毎回違う空気。
そんなお客さんも空間も全てを包み込む
佐藤隆太さんの人柄と巻き込むエンターテイナー!
これは素晴らしく!面白い!ぜひ劇場で体感して欲しい

 

◉佐藤隆太さんの『エブリ・ブリリアント・シング』

佐藤隆太さんの魅力が爆発しています。
好きな方は行かないと損❗️

参加型演劇、番号を呼ばれたら紙に書いてある言葉を読み上げて、
その日だけのブリリアントなお芝居を体験する、なんとも楽しい時間❤️

最後、舞台を去る時、ちょっとカミカミ隆太さんだったからか?
ご自分でほっぺを叩いて首を傾げカミカミだったよ的な仕草も可愛かった😍
エディンバラでも3年連続上演されたとのこと。

私も毎日ブリリアントな事、見つけて生きて行こうと思いました。
今日、配役に選ばれたラッキーな観客の皆様、とてもよいお芝居でした👏👏👏
たぶん、隣の方と私、最初から泣いてました😅
連日の演劇はまだ続く。

 

 

 

 

 

◉佐藤隆太さんの1人芝居「エブリ・ブリリアント・シング」。
東京芸術劇場シアターイーストの劇場内全て、
お客さん全員を巻き込んでの舞台、今までにない演出を、固唾を呑んで見守りました。
一人であの舞台を仕切って行くのは、ホントに大変!
できるなら、千秋楽にもう一度観てみたい、かな。

 

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY THEATER エンジョイシアター

(Visited 1,237 times, 1 visits today)

-舞台
-, , , , ,

Copyright© ENJOY THEATER|舞台ミュージカルのネタバレ口コミ評価あらすじ , 2020 AllRights Reserved.