ENJOY THEATER

注目の、舞台・ミュージカルなどの口コミ、評判、評価、感想などを一挙公開!!

【みんなの口コミ】舞台『ねじまき鳥クロニクル』の感想評判評価

「門脇麦ちゃんめっちゃ可愛いし、妖しかった!」「良いものを観た感が凄い!天才の集結だった!!」「吹越満の一人語りとその演出には息を飲んだ!」


上映中【2020/02/11(火)~2020/03/15(日)公開】

舞台『ねじまき鳥クロニクル』とは

岡田トオルは妻のクミコとともに平穏な日々を過ごしていたが、猫の失踪や謎の女からの電話をきっかけに、奇妙な出来事に巻き込まれ、思いもよらない戦いの当事者となっていく――。

トオルは、姿を消した猫を探しにいった近所の空き地で、女子高生の笠原メイと出会う。トオルを“ねじまき鳥さん”と呼ぶ少女と主人公の間には不思議な絆が生まれていく。
そんな最中、トオルの妻のクミコが忽然と姿を消してしまう。クミコの兄・綿谷ノボルから連絡があり、クミコと離婚するよう一方的に告げられる。クミコに戻る意思はないと。
だが自らを“水の霊媒師”と称する加納マルタ、その妹クレタとの出会いによって、クミコ失踪の影にはノボルが関わっているという疑念は確信に変わる。そしてトオルは、もっと大きな何かに巻き込まれていることにも気づきはじめる。
何かに導かれるようにトオルは隣家の枯れた井戸にもぐり、クミコの意識に手をのばそうとする。クミコを取り戻す戦いは、いつしか、時代や場所を超越して、“悪”と対峙してきた“ねじまき鳥”たちの戦いとシンクロする。暴力とエロスの予感が世界をつつみ、探索の年代記が始まる。

“ねじまき鳥”はねじを巻き、世界のゆがみを正すことができるのか? トオルはクミコをとり戻すことができるのか―――。

 

キャスト
成河、渡辺大知、門脇麦、大貫勇輔、徳永えり、松岡広大、成田亜佑美、さとうこうじ、吹越満、銀粉蝶、他
スタッフ
演出:アミール・クリガー、藤田貴大、インバル・ピント
脚本:アミール・クリガー、藤田貴大
入場料・上演時間・その他
 入場料金
2,000円 ~ 11,000円
【発売日】2019/11/02
【全席指定】
S席:11,000円
サイドシート:8,500円
Yシート:2,000円(※20歳以下対象・当日引換券・要証明書)

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

舞台『ねじまき鳥クロニクル』を観た人の感想、評価、口コミ

◉舞台「ねじまき鳥クロニクル」を見てきた。
重層的な世界をこうやって表現するのかと、
膨大な情報量で考えるな感じろ状態になった。

本当すごい肉体性でもあって見終わって困惑から抜けられていない。
門脇麦さんも出演なので、麒麟がくる関係者からのお花もさすが

 

◉『ねじまき鳥クロニクル』。
女はどこまでも有徴なのか?というモヤモヤは村上春樹にぶつけるべきなのかもしれない。
音楽と身体表現はうっとりするほど素晴らしかった。

成河の体が「体脂肪率1桁です!!」って感じのそれで、
なるほど、そうじゃなきゃできない動きの数々……と妙な納得をしました。

 

◉『ねじまき鳥クロニクル』初日。
ダンスと舞台美術がすごくて、どーなってるの?と思うことしばしば。
ただ多分すごく観る人を選ぶ演目…隣の人2幕帰って来なかったし。
ワタヤノボルとクレタのダンス、大貫くんは好きだけど
あれは観てるのキツかったな…痛々しくて辛い…

 

◉ねじまき鳥クロニクル、見てきた🎵
ちょっとだけ、あらすじ知ってたから、なんとかついていけた😃
広大くん、出番少なめも、事前に調べてたけど、もっと出てほしかった‼
ダンスがすごい舞台なので、広大くんにも、もっとダンスしてほしかったな、
でも、広大くんにとって、とってもよかった舞台だと思う

 

◉『ねじまき鳥クロニクル』
かなり独特やった
これが村上春樹か、インバルピントの世界観か、って
なんだかあたまんなかぐーるぐるでパワー吸い取られて観劇後無言になっちゃう感じ。笑
ダンサーさん8人の運動量ハンパない
幕間15分しかない3時間公演をマチソワする日とか心配になっちゃうわー!!(;゚ロ゚)

 

 

◉「ねじまき鳥クロニクル」観てきました。
堅苦しくて小難しいような言葉が、
コンテと合わさると凄まじい世界観に変貌しちゃう。
ぼくの知らない広大くんも観れた。
ほんとにもうすんごかったんだから

 

◉「ねじまき鳥クロニクル」

久々のインバルの世界、固唾をのんで観ていたので、身体中バキバキ…。
相変わらず、想像のはるか上を行きますな。
しかし、悪役の大貫さん、凄い存在感でステキです。

そして、徳永さんとのダンス!!
彼女もダンス経験者みたいですが、よくあの大貫さんの受けが出来るよなぁ。

トオル役が2人いる必然もよく分かりました。
渡辺くんの声は、さすがだなー。すごく印象的。

カテコで成河さんが、本当に嬉しそうでした。

しかし、ねじまき鳥、もっと抽象的になるかと想像していたのだけれど、
私的には、思っていたよりしっかり「村上春樹」でした。エグさを含めて。
よくあの長い話のエッセンスをまとめたなぁと。藤田さん、さすが。

(でも、贅沢言うなら、もう少し大貫くん踊らせてくれても…😢)
次回も楽しみ。

 

◉ねじまき鳥クロニクル🦆
すごかった!けどよく分からなかった!
なんか不思議な絵本を読んでるみたいな感じがしました。

 

◉ねじまき鳥クロニクル 初日✨

原作を先に読むか悩んだけど、あえて読まずに観劇。
不思議な世界にこっちまで迷いこんだかのようにとても面白かった😊
台詞や歌だけではなく、ダンスなど身体全体使っての表現…すごい。
なかなかこんな作品観れることないだろうな。
あっという間の三時間でした🎶

 

◉ねじまき鳥クロニクル
村上春樹の世界観が独特なので、
舞台になっても独特で解釈に時間がかかる!
でも、大貫さんも広大くんもすごい!
原作読み込んでから観に行った方がよかったかなぁ…と反省。

 

 

◉村上春樹原作の舞台「ねじまき鳥クロニクル」を観てきました。
舞台構成、演出、表現力、俳優さん達の演技力、ダンサーさん達の肉体表現力、楽器演奏者の音の表現!
何をとっても素晴らしかったです😜💕

 

◉『ねじまき鳥クロニクル』の舞台、観てきたよ。
ちゃんとレモンドロップ色のおリボンつけてったの💛🎀
ぼく、お芝居は初めてみたけど凄いねー。
前の方で緊張しちゃったけど、その緊張感もまた楽しんじゃった!

 

◉ねじまき鳥クロニクル 初日
きたよー!見にきたよー!
理解力及ばずだったけど見たよー!インバル普通に小走りしてたよー!
まさかの吹越さんがアクロバット枠👏

 

◉『ねじまき鳥クロニクル』を観てきた。
ずっと暗闇の中でサーカスを観ている様な感覚になる。
アンサンブル、演者のみなさん(特に吹越満氏さん、成河さん)が
「え?いまの動きどうやったの???」というパフォーマンスを連発するので
目が点になることも頻繁にあった。大友良英さん等の音楽も素晴らしい

 

◉舞台・ねじまき鳥クロニクル
みてきました

私はこの小説を繰り返し読みすぎてるので、
読んだことないかたの気持ちにはなれない、
この物語が好きな方は是非みてほしい、
人がこの物語をどう読んだかが目で見てわかる体験、面白すぎたよ

 

◉「ねじまき鳥クロニクル」初日見ました!!
予習しなかった分(読んだけど早々に挫折w)
ストーリー的に分かんない部分はあったけど、舞台全体は見飽きなかったなぁ。
セット見てるだけでも、ダンサー達見てるだけでも面白かった!!
今のところ、何で岡田トオルが二人いるのかはわたしには謎

 

◉舞台「ねじまき鳥クロニクル」でした。
人の心の内側にずぶずぶと落ちていくダークな世界観。
内面を表現する演者のダンス、舞台セットが秀逸でした。
大友良英が音楽という事で行ったんだけど、
ノイズを活かした、「いだてん」とかと全然違う音楽も良かった。

 

◉「ねじまき鳥クロニクル」初日見ました。
原作を読んでいないけど原作もこうですか?
歌詞や台詞やダンスにいろんな意味がありそうで不思議な舞台。

演出がイメージの奔流で、圧倒されました。
成河さん2幕いいです。歌声も綺麗。
エロティックな表現が人海戦術で繰り広げられたり面白かった。
物販は並ぶ。

 

(Visited 2,225 times, 1 visits today)

次のページへ >

© 2022 ENJOY THEATER|舞台ミュージカルのネタバレ口コミ評価あらすじ