ENJOY THEATER

注目の、舞台・ミュージカルなどの口コミ、評判、評価、感想などを一挙公開!!

【みんなの口コミ】舞台『オイディプス』の感想評判評価

「市川海老蔵、黒木瞳、演技が凄まじかった!」「演者さんが凄すぎて目が離せないノンストップ1時間50分!」「森山未來のコンテンポラリーなパフォーマンス最高!」


上映中【2019/10/07(月)~2019/10/27(日)公開】

舞台『オイディプス』とは

「父を殺し、母を娶るであろう」という恐ろしい予言から逃れるため、放浪の旅に出た古代ギリシャ・コリントスの王子オイディプス(市川海老蔵)は、旅先のテーバイで怪物スフィンクスを退治した英雄として請われ、王となる。
オイディプスは先王ライオスの妃イオカステ(黒木瞳)を妻に迎え安寧な日々を送るが、ほどなくしてテーバイ中に疫病が蔓延する。神官(森山未來)を中心に、オイディプスに助けを求めるテーバイの市民たち。オイディプスは国を救うために神託に従い、先王殺害の犯人を捜すが、やがて明らかになるのは恐るべき真実だった…。
残酷で悲劇的な運命がオイディプスに襲いかかる…。

 

キャスト
市川海老蔵、黒木瞳、高橋和也、中村京蔵、谷村美月、市川新十郎、内田淳子、冨岡弘、武元賀寿子、今里真、市川新八、島田惇平、天野はな、小谷俊輔、市川福太郎、湯浅永麻、平原慎太郎、笈田ヨシ、森山未來、他
スタッフ
翻案・演出:マシュー・ダンスター
原作:ソポクレス
入場料・上演時間・その他
 入場料金
5,500円 ~ 12,500円
【発売日】2019/08/04
S席¥12,500
A席¥9,000
コクーンシート¥5,500
(税込・全席指定)

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

舞台『オイディプス』を観た人の感想、評価、口コミ

◉シアターコクーン『オイディプス』。
最後のメッセージが恐ろしかった。
誰のせいでもない筈の悲劇の後に、
新しい支配者の満面の笑みと桜の花と美しい国を取り戻す。
分かりやすいお話がこんな恐怖に変わるだなんて。

 

◉市川海老蔵主演の『オイディプス』を。
現代的にした翻案作品。結末あたりは、
ちょっといまの日本を意識しすぎなのではないかと思うくらい
(翻案と演出は英国のマシュー・ダンスターだけど)。

幕切れで父を追って飛び出していった小さな可愛いアンティゴネちゃんが、
そのうち戻ってきてクレオンおじさんと大バトルを繰り広げるかと思うと胸熱である。

 

◉「オイディプス」観てきました!
別の舞台で観たことがあったけど全然違うアプローチでさすが古典だと思った。
何より私は森山未來の舞台が生で観れて感無量でした。

身体表現は言わずもがなだけど渇いた声が良すぎる...
好き...いだてんの志ん生役も最高なので見てほしいです。ただのファン。

 

 

◉オイディプスみてきた。
もうね、超イギリス、、超かっこいい、、
日本の美術家はあんな美術絶対やらない、完全に文化が違うんよね。

かっこよすぎて見る目👀足りないや。
海外演出家/海外美術家で日本人キャストのもの観れるってすごい贅沢。
もっかい観たいな。

 

 

◉『オイディプス』

海老蔵さんの歌舞伎風の台詞回し
が津川雅彦さんの声に似ていた。
ラストだけやっぱり歌舞伎風。
どこの国のどの時代を想像したら良いのかわからず。

演出的にミスのような気がする。衣装も統一感がなかった。
全体的にとことん歌舞伎風に演出したほうが良かったかも。

 

 

◉『オイディプス』拝見
苦しい…重い…セット含め一瞬オレステイアを思い出し…
しかし異なるジャンルの方々が創り出す世界観は嫌いじゃない。

中二階上手席で大事な部分が見切れて残念…
けどおかげで観えた森山未來さんのダンスと、
影でもわかる身体の動きは本当に凄かった…影がね…マジで異様な存在感…

 

◉『オイディプス』
市川海老蔵、形ばかりの憐みを述べる冒頭から、心底憐まれる側へ。
とても人間くさく、苦悩に説得力があった。

話の大筋は知っていたけど、予言よりも人心の移り変わりの方が怖く感じられる演出。
金屏風、桜吹雪、美しい国。神。異国の古典が現代日本の不安定さを映し出す事の凄さ。

 

◉『オイディプス』ギリシャ悲劇
なぜ長い長い歴史の中で残ってきたのかな。
いつの時代でも共有するものがある、とは良く聞きます。
受け取ったものが凄い。凄いもの見た。
役者さん達、舞台セット、音。力強い調和。
海老蔵さん、黒木さん凄まじかった。森山未來くんの声と存在感。

 

◉「オイディプス」
ゲネレポを見た時から嫌な予感しかなかったけど、
海老蔵オイディプスの衣裳がまるでサラリーマン💦

海老蔵にしか見えない。あと、長台詞捲し立てると明瞭さが失われる。
京蔵さん予言者は衣裳も含め存在感素晴らしい!
平原さん未來くんの身体性は視線泥棒が過ぎた、好き🙌

 

◉『オイディプス』
現代劇なのに歌舞伎のようで外国の話なのに日本を意識してて、
物凄いダンサーが出演されているのにお芝居もして、とにかく色々と初めて観る世界。
真実を知った時の鳥肌、後半の畳み掛け、凄かった。

 

◉『オイディプス』
なんか3種類くらいの演劇が混じってる感じがして、
それがわたしには面白いというよりもバラバラな印象だった。

森山未來の役どころ、真意がハッキリしないな〜と思いながら
観てたらラストがちょっと不気味でそれはそれで腑に落ちた

 

◉『オイディプス』
海老蔵ってこんな薄い声だった?
考えてみたら芝居でちゃんと彼を見るのは初めて。

良くも悪くも傲慢で軽薄な政治家であるオイディプスにぴったりだった……
けど、悲劇に堕ちてからの落差も実感なし。
隣に長い人生の時を閉じ込めたような笈田ヨシの声があるだけに……

 

◉『オイディプス』
ラストの血まみれ最高だった~~~~~~
最前列だったので血糊対策のビニールに包まれての観劇でした初体験

 

◉「オイディプス」
ギリシャ古典だし、舞台のサイトをチェックしても、
ストーリーも固有名詞もそのままだから、てっきり時代劇だと思ってた。
思いっきり現代劇だった。
でも、違和感とか不自然さなんて微塵も無くて、
気が付けばその世界観にグッと引き込まれてた。

 

◉『オイディプス』。
近未来的世界観のオイディプス。
若干、現代の批判的な雰囲気も感じるラスト。

海老蔵は海老蔵であり、黒木瞳は黒木瞳。
森山未來は印象的だけどもったいなかったかな…。

オイディプスは一瞬一瞬は心にくることもあるが、
次の瞬間我に帰る。つまり、海老蔵なんである。

 

◉舞台『オイディプス』
森山未來の凄みで幕を開け黒木瞳の凄みで
加速し市川海老蔵の凄みで幕を閉じる。言葉を失う。

いつか私はこの作品の衝撃を言葉にすることができるんだろうか。
少なくとも今日明日では無理だ。

 

 

(Visited 1,582 times, 1 visits today)

次のページへ >

© 2022 ENJOY THEATER|舞台ミュージカルのネタバレ口コミ評価あらすじ