舞台

【みんなの口コミ】舞台『MOTHERS AND SONS (マザーズ・アンド・サンズ) -母と息子-』の感想評判評価

投稿日:

「想いが交錯する140分場面転換一切なしの濃厚な会話劇!」「自分はどういう立場を取るんだろうなって考えさせられた!」「迫力もあって非常にリアルで深みのある作品!」


上映中【2019/07/26(金)~2019/08/04(日) 公開】

MOTHERS AND SONS (マザーズ・アンド・サンズ) -母と息子-とは

第68回トニー賞戯曲賞ノミネートの話題作!!

キャル(大塚明夫)とウィル(小野健斗)は、同性婚カップル。
バド(阿部カノン・中村琉葦Wキャスト)という子供もいる。
クリスマス前の冬の日、エイズで亡くなったキャルの元恋人アンドレの母親キャサリン(原田美枝子)が、キャルに会いにやって来る。
キャサリンは夫にも死なれ、1人きりになっていた。
「息子はなぜエイズで亡くなったのか?なぜ自分は孤独なのか?なぜあなた達は幸せなのか?」キャサリンはキャル達を問い詰めていく。

 

キャスト
原田美枝子、大塚明夫、小野健斗、阿部カノン(WキャストA)、中村琉葦(WキャストB)
スタッフ
演出:三ツ矢雄二
脚本:テレンス・マクナリー
入場料・上演時間・その他
 入場料金
7,000円 ~ 7,000円
【発売日】2019/05/18
<全席指定>
7,000円

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

MOTHERS AND SONS (マザーズ・アンド・サンズ) -母と息子-を観た人の感想、評価、口コミ

◉「MOTHERS AND SONS~母と息子~」を観劇してきました!
最近認知されつつあるLGBTだけではなく、
親と子・いろいろな家族の形、たくさん考えさせられるお話でした。

 

 

◉「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない 」見た。
その後、『MOTHERS AND SONS‐母と息子‐』 見た。

深刻な話で引き込まれて見ていたら後ろでバイブレーションの音が。
いつまでも止まらない。寝てるよ。暫くして止まったけれど、
その後,計三回鳴らしてくれた。おんなじ人が。勘弁してほしかった。

 

 

 

 

◉「MOTHERS AND SONS ~母と息子~」を観劇させていただきました‼️
大量のセリフに濃いテーマのお芝居で濃い100分でした😊
映画ひとひらとはまた違うLGBT作品でしたがとても興味深かったです♪
一人でも多くの方に観ていただきたい✨

 

◉『MOTHERS AND SONS-母と息子-』を観てきました。
「LGBTに関するお話なのねふむふむ」と思いながら席に座り、
「これは母と息子がテーマだ」とタイトルを見返しつつ席を立ちました
少し複雑な関係性のなかに、普遍的な「母という存在」
「息子という存在」が顔を覗かせる織物のような会話劇。

 

◉「MOTHERS AND SONS ~母と息子~」
地味で真面目なセリフ劇、ある家族の情景といった趣。
LGBT THEATER と銘打ち、チラシの作りも問題提起!な感じだが、
演劇を見慣れた者にとってはさほど衝撃的な内容ではない。
NYの同性夫婦のもとに片方の元恋人(故人)の母親が訪ねてくる物語。

この母親役は歴戦の舞台女優で観たかった。
映像出身の女優の典型で、存在に華はあるが、
精緻な演技や長丁場のメリハリの付け方はいまひとつ。
大塚明夫はさすがのイケボだが、今日は不調だったか数回つっかえていた。
ウィル役の人はこういうセリフ劇志向なら要・精進。

 

◉LGBT THEATER「MOTHERS AND SONS ー母と息子ー」を観に、
池袋サンシャイン劇場へ観に行ってきました👭

愛する者を喪って、責めても仕方がないけれど、
それでも、気持ちをぶつけたことで、少し先に進む。
そのほんの少し進むだけなんだけど、とても大事な時間を過ごせました。

 

 

 

 

◉『MOTHERS AND SONS~母と息子~』拝見しました‼︎
観劇前、多少身構えてしまいましたが、この気持ちこそ偏見なんですね(^_^)
パパふたりの愛情を受けた子供はきっと優しい子に育っていきますね☆彡

 

 

◉三ツ矢雄二さんプロデュースの LGBT THEATER Vol.1
『MOTHERS AND SONS ~母と息子~』を観てきた。

繊細な話題も舞台になる事で
身近なものとして
考えるきっかけになると思う

自分の周りで
こういう問題が顕在化したら
自分はどういう立場を取るんだろうなって考えさせられた

 

 

◉「MOTHERS AND SONS ~母と息子~」観劇させていただきました!
LGBTを取り巻く環境とか、子を持つ母の葛藤、
本人達の想いが交錯する140分場面転換一切なしの濃厚な会話劇でした。
大塚明夫さんのええ声がたっぷり聞けて大満足でした…。

 

 

 

 

 

◉MOTHERS AND SONS~母と息子~
を観てきました。
テーマにもあるように現代問題をそのまま取り上げていると思います。
それぞれが、お互いを受けいれ理解し合うことが幸せなんだろうな。って、思いました。
悲しいけど、受け入れず人のせいにするのは楽だけど、虚しいだけかな。

 

 

◉三ツ矢雄二プロデュース LGBT THEATER Vol.1
「MOTHERS AND SONS~母と息子~」サンシャイン劇場にて観劇!
最近、良く耳にするLGBTをテーマにしたお芝居。
なんだろ、胸が熱くなって…温かい涙が溢れた💧
観劇後は優しい爽やかな心持ちに。

 

 

◉舞台「MOTHERS AND SONS ~母と息子~」を観劇してきました。
同性愛が題材だからというわけではありませんが、
演者の皆様の迫力もあって非常にリアルで深みのある作品でした。
あと…、分かってはいましたが大塚さんのお声が……、もう……ね…ッ。

 

 

◉『MOTHERS AND SONS 母と息子』鑑賞。
1995年にエイズで亡くなった友人や、他のゲイの友人たちを思い出したり、
母親の思考が亡き我が母と重なって、個人的にはかなり重かった。
普通の人はどんな感想を持つんだろうなぁ…

 

◉MOTHERS AND SONS~母と息子~
を観てきました。
大塚さんいい声すぎた。

 

 

◉LGBT THEATER 『MOTHERS AND SONS~母と息子~』
(原作: テレンス・マクナリー/演出:三ツ矢雄二)観劇。
同性婚の夫(小野健斗)と息子(Wキャスト)と暮らすウィル(大塚明夫)の家へ、
エイズで亡くなった元恋人の母(原田美枝子)が訪ねてくるお話。
大塚さんの色気と息子(中村琉葦)君の天使っぷりが!(´Д`*)

 

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY THEATER エンジョイシアター

(Visited 12 times, 1 visits today)

-舞台
-, , , , , , ,

Copyright© ENJOY THEATER|舞台ミュージカルのネタバレ口コミ評価あらすじ , 2019 AllRights Reserved.