ENJOY THEATER

注目の、舞台・ミュージカルなどの口コミ、評判、評価、感想などを一挙公開!!

【みんなの口コミ】舞台『世界は一人』の感想評判評価

舞台『世界は一人』口コミ感想ネタバレ 舞台『世界は一人』あらすじ 公開上映中おすすめ舞台ミュージカル

「松たか子の生歌が聴けてhappy!」「俳優がみな魅力的で集中できた。メインの歌で涙!」「物語の一瞬一瞬が切なくて輝いていました!」


上映中【2019年2月24日 (日) 〜2019年3月17日 (日) 公開】

舞台『世界は一人』とは

岩井秀人作・演出作品「世界は一人」
松尾スズキ、松たか子、瑛太ほか、豪華キャストを得、
2019年春、東京芸術劇場 プレイハウスにて上演決定!

2003年に「ハイバイ」を結成した岩井秀人は、東京でありながら東京ではない小金井の持つ“大衆の流行やムーブメントを憧れつつ引いて眺める目線”を武器に、家族間の確執、トラウマ、個人の自意識の渦、自意識の裏返り、ひきこもり、集団と個人、等々についての描写を続け、今その新作が最も注目される劇作家の一人です。2013年『ある女』で第57回岸田國士戯曲賞を受賞。また、映像作品でも、2012年NHKBSプレミアムドラマ「生むと生まれるそれからのこと」で第30回向田邦子賞を受賞するなど、その才能は演劇界におさまることなく高い評価を得ています。

綿密な取材をもとに、人間の赤裸々な営みを鋭く浮き彫りにし深刻なテーマを内包しながらも、“おばちゃんにもわかる”平易な言葉で、笑って泣ける、繊細な喜劇に仕立てる手腕の持ち主である岩井秀人。その岩井秀人が、東京芸術劇場プレイハウスで、今までとは違うスケール感の音楽劇へ挑戦します。
松尾スズキ、松たか子、瑛太をはじめ、岩井が出演を切望した俳優陣が彩る、“ある悲惨な男の物語”にご期待ください。

 

キャスト
松尾スズキ 松たか子 瑛太/平田敦子 菅原永二 平原テツ 古川琴音
スタッフ
作・演出:岩井秀人
音楽:前野健太
入場料・上演時間・その他
 入場料金
S席S席:8,500円 A席:7,500円
U-25チケット:6,000円(観劇時25歳以下対象、当日指定席引換、要身分証明証/東京芸術劇場ボックスオフィス、チケットぴあ、パルステ!にて前売販売のみの取扱い)
高校生以下チケット:1,000円(枚数限定、要学生証/東京芸術劇場ボックスオフィスにて前売販売のみの取扱い)
上演時間
約2時間10分(休憩なし)

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

舞台『世界は一人』を観た人の感想、評価、口コミ

◉「世界は一人」を観に。
宣伝のデザインが佐野研で、写真は藤井保と、チラシの気合入れっぷりに非常に気になってはいたが、
音楽劇だし…内容よくわからないし…どうなんだろう?と思っていたけど、結果非常に良かった、、!

バンドだけ生演奏で入る作品は最近よく見るけど、あそこまでバンドと役者との垣根がないのは初めて観たかも。
役者もバンドに絡むし、ミュージカル的要素もあり。所々笑いもあって、明るくエンタメ感ある演出なんだけど、
ストーリーは岩井さんの闇が詰まっている。そこのバランスがまた良い。
強いて言えば少々長いけど、松たか子やっぱ歌上手い、、!🙄

 

◉この物語はどこから始まっていて、どこまで続くのか。
くすっと笑えるのに、哀しくて、どこか不気味で、最後まで幸せな気持ちにはならない。
なのに終わってみたら、なんだかキレイなものを見たような気になっている。

 

◉『世界は一人』観てきた。
バンドセットのある舞台。すごかったなー。
面白く、やがて悲しく素敵だったよ。出てる俳優さんも、セリフの一言一言も、残る。
また後半に観に行きたいな。

 

◉瑛太様かっこよすぎて登場した瞬間涙が出たよ( ・ᴗ・̥̥̥ )
そして瑛太様の生歌で涙腺が崩壊し全世界の川口がお亡くなりになった( ・ᴗ・̥̥̥ )

初の一人観劇でドキドキだったけどすごく良かった!
内容はかなり暗く重い話で少し難しかったけど、所々声出して笑っちゃうくらい面白かった!
松たか子のツインテール可愛すぎたし、歌うますぎて普通に圧倒された、、
また見に行きたいなァ、

 

◉「世界は一人」観劇してきました。

そうだよな、だよな、って思う場面多々あり。
観劇お勧めします。

 

◉松たか子主演の世界は一人を見た。
子を産み母親となった彼女が、人生という舞台を演じていて深みがあるように感じた。
ただ、カーテンコールの雑さが目立ったがそれは演出か?

 

 

◉瑛太氏の舞台初日👏「世界は一人」
席最強すぎて、目の前に寝顔🤤まつ毛すね毛血管、衣装のほつれまでしかと目に収めてきた!

 

◉パルコ・プロデュース「世界は一人」
カテコ込みで約2時間15分。岩井秀人さんの人生観、死生観が音楽劇に。
抜け感を保ちつつ緻密で粋で私はとても好き。
言葉、歌、音楽が小気味よく、変な嘘なく共存し、周到な笑いどころも多数。
俳優がみな魅力的で集中できた。メインの歌で涙。

 

◉『世界は一人』観てきた。
バンドセットのある舞台。すごかったなー。面白く、やがて悲しく素敵だったよ。
出てる俳優さんも、セリフの一言一言も、残る。また後半に観に行きたいな。

 

 

◉舞台「世界は一人」を見終わりました。
席も良かったので、じっくりと堪能できました。
すごく、なんというか新しい作品。
演劇はこういうふうに作ることができるんだなあと。
ストーリーはすごく普通の話だと思うんだけど、それをこうやって構成するのか!っていう新鮮さ。

 

 

 

◉『世界は一人』。
めちゃくちゃ良かった。岩井さんの私小説的な内容はリアリズムだけど、
前野さんのロマンチストな音楽のマッチ具合がすごい。

役者陣も流石のクオリティだったし、できあがった世界観が素晴らしく印象的な舞台。
オチがあまりにも綺麗で落語のようだった…!!

 

◉舞台世界は一人。
話しはちょっと分かんない所も有ったけど音楽が最高でした!席も前野さんの目の前😂
ほとんどの時間を上手にセットされたバンドの先頭で椅子に座ってギターを弾きうたう前野さんを見てました。
俳優さんが歌ってるときに首を長くして聞き入っていたり下を向いてじーんとしていたり
感情剥き出しのいつもの前野さんの姿が見れました✨

舞台が始まる前に前野健太と世界は一人のライブのフライヤーを見てしまったので
この人が歌うこの曲もあの曲もライブでは前野さんのボーカルで…と思いにやにや😊
瑛太さんが歌ったラップみたいな曲が前野さん感が強めで楽しみ!

 

◉舞台『世界は一人』本当に素晴らしかった。
松たか子さん、瑛太くん、松尾スズキさんの歌声、前野健太の演奏。
物語の一瞬一瞬が切なくて輝いていました。素敵な時間をありがとうございました。

 

◉『世界は一人』初日観劇。
音楽劇だったのか!!って始まってから知る。舞台上の生バンドにみなさんの歌声は贅沢♪
同じ街で育った3人。それぞれ家庭環境は違うしそれぞれに抱えている問題はあって…どこでどう捻じ曲がったのか…
もう1回出会おう…なかなか1回じゃわからない部分もあったな~

 

◉舞台「世界は一人」観劇
初の音楽劇、歌、音、動き、表現
あらゆるところが素晴らしかった
ホンマに尊敬する

(Visited 1,289 times, 1 visits today)

次のページへ >

© 2022 ENJOY THEATER|舞台ミュージカルのネタバレ口コミ評価あらすじ