舞台

【みんなの口コミ】舞台『人形の家 Part2』の感想評判評価

投稿日:

「100分出ずっぱりで話し続けた永作博美に拍手!」「那須凜の演技力が益々上がってて素晴らしかった!」「シンプルな舞台と演出がより緊迫感を生む 改作にして快作!」


上映中【2019/08/09(金)~2019/09/01(日)公開】

舞台『人形の家 Part2』とは

あれから15年…ノラが帰ってきた!!
ヘンリク・イプセン「人形の家」の“その後”を描いた、新進気鋭の劇作家ルーカス・ナスの斬新な新作を栗山民也演出で日本初上演!

ノルウエーの世界的作家ヘンリク・イプセンの「人形の家」は、発表当時、”女性の自立”を描いた結末で社会に因習を打ち破る衝撃を与え、以降140年間に渡り世界中で上演され続けてきた近代古典の名作ですが、本作はアメリカの新進気鋭の劇作家ルーカス・ナスが、大胆にもその続編という形で現代に提示した意欲的な新作です。

本作は、「人形の家」のノラが家を飛び出した15年後という設定で描かれ、混沌とした現代社会の中での女性の生き方、現代の家族のあり方を鋭くつきつけました。しかも物語は、5場構成で、各場「ノラと乳母のアンネ・マリー」「ノラと夫のトラヴァル」…というように2人芝居が連続した形で進行する斬新でスリリングな構成となっています。

今回演出を務めるのは、「第26回読売演劇大賞」大賞及び最優秀演出家賞に輝いた栗山民也。受賞作となったPARCOプロデュース「チルドレン」に続き、話題の海外新作にいち早く挑みます。
その栗山が注目のノラ役に指名したのは充実した女優活動を送る永作博美。やはり栗山民也演出の「頭痛肩こり樋口一葉」以来、3年振りの舞台出演に満を持して挑む他、共演陣にも魅力溢れる俳優陣が結集しました。
夫・トルヴァルには、こまつ座や昨年自ら旗揚げした『劇壇ガルバ』での作演出など意欲的な舞台活動が評価される山崎一が、乳母のアンネ・マリーには、存在感のある演技で出演舞台を支え、近年栗山演出作品への出演も多い梅沢昌代が顔を揃えました。
そして、ノラに相対する娘役には、青年座劇場ラスト公演「砂塵のニケ」のヒロインを見事演じた演劇界期待の若手女優・那須凜が抜擢されました。

なぜノラは15年の時を経て帰って来たのか…。そしてノラが帰ってきた理由とは何だったのか…。
人形の家を風刺した洒落た会話劇であるだけなく、二人芝居が連続する斬新なスタイルかつスリリングで見事な構成、サスペンスタッチのセリフの応酬で、「人形の家」を知っている人も知らない人も引き込まれること必至の斬新な舞台。
2017年に発表されるや、瞬く間に評判となり、2017年のトニー賞作品賞をはじめとする8部門にノミネートされた話題作をいち早く上演致します。どうぞご期待ください!

 

キャスト
永作博美、山崎一、那須凜、梅沢昌代
スタッフ
演出:栗山民也
脚本:ルーカス・ナス
入場料・上演時間・その他
 入場料金
4,500円 ~ 7,000円
【発売日】2019/05/25
8,000円(全席指定・税込)
U-25チケット=4,500円(観劇時25歳以下対象、要身分証明証)
O-60チケット=7,000円(観劇時60歳以上対象、要身分証明証)
上演時間
約1時間45分(休憩なし)

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

舞台『人形の家 Part2』を観た人の感想、評価、口コミ

◉ルーカス・ナス作栗山民也演出
『人形の家 part2』
15年振りに戻って来たノラは改めて離婚を求め夫や娘と対決することになる。

彼等から出された解決策を論じるうちに、
問題は家族にあるのではなく「制度」にあることを確信し再び家を去る。
だがそれはもう逃亡ではなく新たな出発点に立つためなのだ

 

 

◉「人形の家part2」@紀伊國屋サザンシアターを観てきました。
永作博美さん出ずっぱり…セリフ量がハンパない💦
現在でも解決されてない「女性の自立」…
セリフのひとつひとつがぐっさりと突き刺さるのは
今私がいる環境も関係しているからだろうか…
上演時間は短めだけど疲労感がドッと来たわ…💧

 

◉舞台『人形の家part2』観劇🐥
めちゃくちゃ観たくて、
大阪公演のご褒美に💓

とにかく4名の役者さんが、
めちゃくちゃ良かった‼
特にエミー役の那須凛さん◎

過去に『人形の家』に出演させてもらってるから余計に内容が刺さった⚡

珍しくパンフレットも買いました(笑)

舞台熱上がっちゃう😚♥

 

◉『人形の家Part2』観劇。
『人形の家』って自立した女を目指した女が家を捨てる話、という程度の知識しかなかった。
Part2すごい。
こんなにわたしたち自身のお話だと感じるなんて驚き。
ノラの焦りや怒りや悲しみやら。
誰も悪人じゃない。
辛い。観れて良かった。

 

◉『人形の家 Part2』
ノラの永作さん、テレビドラマは割と好きでいろいろ観てたけど、
舞台になると台詞回しがスムーズでなくて、観てて疲れてしまった。
小粒の大竹しのぶだ。ストーリーはよくできてると思った。

 

◉舞台『人形の家PART2』を観てきた。
長台詞が次々と出てくる1時間45分、驚くほど迫力に満ちてた。
女の生き方と結婚について考えさせられる内容で、大人なら男女

誰が観に行ってもグサグサ心に刺さるポイントがあるんじゃないかな。
凜の演技力が益々上がってて素晴らしかった。友として誇りに思う。

 

◉山崎一さん出演の「人形の家 Part2」を観てきました。
あーーなんて格好よいの、。山崎さん演じる男(トルヴァル)の色気。
別にやらしい事も何もないのに、どうやればああいう風にできるのか。
あと那須凛さんも素敵だった。
んでもって、ルーカス・ナスさんに刺激を受け、脚本が載ってる悲劇喜劇を即ポチ


毎日19,800名様に当たる!楽天ラッキーくじ

 

◉「人形の家Part2」を観た。
途中、他の登場人物たちとの関係からノラの主張が
ノラ自身にも向かってくるような状況もあったりして、
一筋縄ではいかない(というか結論は出ない)。
あっという間の2時間弱だった。

 

◉人形の家part2
人形の家は女性の自立について語られていたけれど、
今回のpart2は、性差別について男性も含んで語られてた。

女性差別だとか、女性の自立だとか大声あげて喚くけど、
じゃあその女は本当に男を差別してないの?
ノラの家出の背景には、本当に男性差別はなかったの?っていう

 

◉L・ナス作栗山民也演出「人形の家 PART2」。
イプセンの「人形の家」の最後で家を出たノラが15年後にやってきた話。
ノラと夫、娘、乳母が自分の立場から主張をぶつけ、お互い理解しないままながら、
其々の主張が説得力があるのが面白い!地味に進行する舞台ですが、
役者の上手さが観客をひきつけます!

 

◉「人形の家 Part2」観てきました〜〜!
動作や言葉の一つ一つが生々しく、リアルで惹き込まれました…!!
後ろの席から観たのに1番近くで会話を聴いてたような、不思議な体験をした…🥺

この後は、以前自主公演でお世話になった嶋田さんが出演してる「鬼頭骨董店」を観てきます…!
楽しみ😌🙏🏻

 

 

◉「人形の家 Part2」を観劇
イプセン「人形の家」では、夫から一人の対等な人間としてではなく
可愛い人形のように扱われ暮らしてきたノラが
そのことに気付き自らの熱を取り戻して、人形の家を去った
Part2は、15年を経てノラがまた人形の家に戻ってくるところからはじまる

ノラは経済的にも精神的にも自立した姿で、とある事情により人形の家に戻ってきた
扉を開けた瞬間から、夫、乳母、娘との対話がはじまる…
女性が自立して生きること、性別による役割の刷り込み、
自由になること、きちんと孤独になること、そして議論すること
今、観たい演劇です

 

◉『人形の家Part2』
“舞台は生き物”体感😊
戯曲読んできたせいもあろうが、観る場所変わるだけで感じ方変わったシーン多々あり
今日は四人それぞれの秘めていた心の叫びに目頭熱くなった...
それにしても、怖さ増し増しのエミー😱😱
次に逢う時には一体どうなっていることやら......

 

◉PARCOプロデュース「人形の家 Part2」マチネ
ノラ帰る。15年ぶりに。
夫、乳母、娘とのそれぞれの対話(時にノラが長広舌)が聴きどころ。

激することのない遣り取りは皆に当然それなりの理があるので聴き応えあり。
戯曲も栗山民也演出も良し。ノラの永作博美さんは105分間出突っ張り。

 

◉人形の家part2を見てきた…
すごいヒリヒリでどう転ぶのかわからないでハラハラして面白かった
誰かと一緒にいることがこんなに難しくなっちゃいけないのかなぁ…って
あのいけすかなかったトルヴァルが言っていて泣けた…

 

◉「人形の家 part2」を観た。

ワンシチュエーションで無音の中ひたすら役者の台詞だけが響き渡る。
派手さはないけど緊迫感。

登場人物は4人のみ、永作博美が1時間45分出ずっぱり。
もうアイドルじゃありません。

 

 

◉人形の家part2 初日観劇
4人の濃厚な会話劇 15年前に突然出て行った妻が又突然!
男女が共に暮す事 生きる事 自由になった妻と戸惑いを露わにする夫
その夫婦に絡む2人の女性の剥き出しの感情
シンプルな舞台と演出がより緊迫感を生む 改作にして快作!

 

◉『人形の家 Part2』初日観劇
紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

すごい台詞量&熱量!
永作博美さん、出ずっぱり

対話の中で思いが交錯する…

栗山さん演出作品はやはりすごい!

 

◉人形の家 Part2
Part1は観てないけど観てなくても大丈夫。
生々しい人対人のやり取りにヒリヒリ。特に娘怖かった。

ノラ強い。色々考えさせられた…もうほんま人間難しい!
しかし永作さんほんま可愛い…だけじゃなくて芝居も凄い。
台詞の言い方が大竹しのぶさんに似てた。

 

◉「人形の家PART2」新宿サザンシアターにて
原作以上にノラがバリバリ。しかもそれを永作博美がテキパキと気持ちよく演じてた
(数カ所セリフを噛んでいたのは、初日なので)
個人的には乳母役の梅沢昌代さんの演技も良かった。

 

◉新宿サザンシアター「人形の家 PART2」
原作と比べるとノラが非常に自己中心的に思える。
どう言えば良いか、同情できないのだ。

最後に離婚届を「もういらないの」と言ったあと、
トルヴァルは半ば狂ったように床に身を打ち付ける。
この場面では、もはやノラを敵視すらしてしまう。

 

◉「人形の家 Part2」終了。面白かったー!
1時間45分、あっという間。
これは観る人によって痛いところが違う作品で、とても今。

わたしは「自分でいることの難しさ」が響いた。
夫婦関係や親子関係(擬似的な親子関係含む)、
社会に対する姿勢、正しくありたいというある意味保身。

 

◉「人形の家 Part2」を観劇。
永作博美、山崎一、那須凜、梅沢昌代が織りなす生き方を問う物語。
制度や慣習に疑問を持ち自由を求めることは戦いであり犠牲を伴う。

自分の声を聞くのは本当に難しい”とノラは言った、その通りだと思う。
100分出ずっぱりで話し続けた永作さんに拍手!

 

◉『人形の家 PART2』初日に観てきました。
意外に席が舞台に近くてびっくり。夫婦のあれやこれやはよくわかんないけど、人
と居ることが本当に難しくて、こんなに難しくしなきゃダメなのかなあっていうトルヴァルの呟きは妙に刺さりました。

 

◉『人形の家 part2』
ちゃんと会話するって
なかなかやらないよね。

やっぱり対話がしっかりしてる演劇
好きだなあ

小道具とか舞台装置とか照明とかが
シンプルであまり動きがなくても
対話だけで十分足りてる

足りてるというか
必要条件

 

◉「人形の家 Part2」を鑑賞してきました。
出演者は4人。派手なセットの転換もなく、同じシチュエーションが続きますが、
本を読む感覚に近い?のか、本当にに引き込まれました。

当たり前ながらその場にいる人が声を出し、
感情を出してるというのはすごいこと。

 

◉『人形の家Part2』初見
“生身の人間勝負”大満喫
凄まじいエゴとエゴのぶつかり合い半端なし!
各々の思い繊細かつ絶妙に描く栗山演出流石
永作vs那須の“母娘バトル”女と女のバトル”壮絶だ
所詮人と人はわかり合えなくて当たり前
相手のことわかろうとするその気持ちが大切なのか...
今後も楽しみだ😊

 

◉『人形の家Part2』
2時間出ずっぱりで、セリフ量がびっくりするくらい多くて。
パワーをもらいました。

 

◉『人形の家 Part2』初日観劇
紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

すごい台詞量&熱量❗
永作博美さん、出ずっぱり

対話の中で思いが交錯する…

栗山さん演出作品はやっぱりすごい😆

 

◉『人形の家Part2』
結婚とか、夫婦のあり方とか、いろいろ考えてしまったなぁ

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY THEATER エンジョイシアター

(Visited 36 times, 1 visits today)

-舞台
-, , , , , , ,

Copyright© ENJOY THEATER|舞台ミュージカルのネタバレ口コミ評価あらすじ , 2019 AllRights Reserved.