【みんなの口コミ】舞台『死と乙女』の感想評判評価 - ENJOY THEATER|舞台ミュージカルのネタバレ口コミ評価あらすじ

舞台

【みんなの口コミ】舞台『死と乙女』の感想評判評価

投稿日:

舞台『死と乙女』口コミ感想ネタバレ 舞台『死と乙女』あらすじ 公開上映中おすすめ舞台ミュージカル

「最初から最後までシュレディンガーの猫の箱を目の前に出されたようなお芝居!」「一過性にさせない舞台でした!」「舞台好きには観て欲しい!」


上映中【2018年7月26日(木)~8月5日(日)公開】

舞台『死と乙女』とは

東憲司と朴璐美が互いの枠を飛び越え
青年座・山路和弘
文学座・石橋徹郎を迎え
アリエル・ドーフマン作『死と乙女』に挑む!

日本の演劇シーンの中で異才を放つ東憲司
ジャンルに囚われず活動し続ける朴璐美
二人は互いのホームでこれまで三度のタッグを組んできた。

その二人がホームから飛び出し第4作目に挑むのは
東憲司、欧米戯曲初挑戦となる
ローレンスオリビエ賞最優秀戯曲賞
トニー賞主演女優賞(グレン・クローズ)受賞作
アリエル・ドーフマン作『死と乙女』。

力量が求められるこの作品に第59回毎日芸術賞を受賞した青年座・山路和弘
自主企画などを手がけ高い評価を得る文学座・石橋徹郎を迎える。

猥雑な群像劇を得意とする東憲司が
3人の演者の緊迫した台詞の応酬から成る

密室劇の様相を帯びた心理サスペンス劇を濃密な劇場空間に解き放つ。
東憲司×石橋徹郎×朴璐美×山路和弘

誰の言っていることが真実で
誰が嘘をついているのか

いや、もしかしたらすべてが嘘なのか?
二転三転する展開が
舞台から目を離すことを許さない。

シューベルトの「死と乙女」の調べに乗せ
傑作の心理サスペンスがここに奏でられる。
戦うべき敵は自分たちの「無関心」である

―――アリエル・ドーフマン

 

キャスト
石橋徹郎/朴王路美/山路和弘
スタッフ
作=アリエル・ドーフマン 翻訳=芦沢みどり 演出=東憲司
入場料・上演時間・その他
 入場料金
全指4,800円/26・27日プレビュー公演3,800円/当日5,300円 *20歳以下料金あり
上演時間
約1時間55分

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

スポンサーリンク

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

舞台『死と乙女』を観た人の感想、評価、口コミ

◉舞台「死と乙女」を観劇しましたよ。
御三方の個性、カラーが出ていて最高でした!あっという間でございました。御三方とも声が素敵!

 

◉めっちゃ嬉しいご報告貰った♪
でなちゃん、ご結婚おめでとう🎉

 

◉舞台終わってアフターなう♪
凄かった!!!! 何処までがネタバレになるのか…
いろいろな解釈出来るよね。 みんなと語るの楽しい♪
めっちゃ近くて、ろみ姐の手の血管までじっくり見ちゃった(๑>◡<๑)

 

◉朴璐美さんが主演女優をつとめる「死と乙女」を観てきました。
最初から最後までシュレディンガーの猫の箱を目の前に出されたようなお芝居。何が真実で、何が嘘なのか。たった1人がその答えを知っている筈なのに、終いにはその人の言葉すら真実に聞こえなくなってくる。一過性にさせない舞台でした。

 

◉今日はこの世界の中で生きて眠る。
ろみ姉がくれたこの世界で。死と乙女、文字通り幕が開けました。舞台好きには観て欲しい。

 

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY THEATER エンジョイシアター

スポンサーリンク

-舞台
-, , , , , , ,

Copyright© ENJOY THEATER|舞台ミュージカルのネタバレ口コミ評価あらすじ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.