舞台

【みんなの口コミ】舞台『誰にも知られず死ぬ朝』の感想評判評価

投稿日:

「安達祐実さんの演技が、場面によって13才!?にも20代にも40代にもちゃんと見える!」「村川絵梨さんと平原テツさんが切なくて苦しい!」「頭の中で物語を組み立ながら、演技に引き込まれながらの150分!」


上映中【2020/02/22(土)~2020/03/01(日)公開】

舞台『誰にも知られず死ぬ朝』とは

歩美はここしばらく、年も取らず死んでは生き返りを繰り返し死ねず、長生きしています。

自分より早くに好きな人が死んでしまうので恋も愛も放っておいたのですが歩美は恋に落ち、やがて良嗣と結婚します。そんな良嗣は死ねない歩美の為に、一緒に死のうと歩美を殺す努力に精を入れています。

良嗣の兄・浩介と江梨香にはりっちゃんという子供が居まして、りっちゃんは子供だと思っていたらいつの間にか歩美よりも早くに子供を産みます。長く生きる歩美はどんどんと周りが年を取ってゆく、そんな様子には慣れていて幸せですが、やはり時々、例えば一人で朝起きてすぐ、好きな人とご飯を食べている時、誰かと手を繋いで眠る時に、幸せでも生きているだけで人間は寂しいと感じてしまいます。なので歩美は死ぬべきだと考え続けますがやはり死ねず、死のうと思いながらまた長く生きます。そんなお話です。

 

キャスト
村川絵梨、平原テツ(ハイバイ)、安達祐実、尾上寛之、鳥谷宏之、藤原季節、伊藤梨沙子、山木透、木本花音、中嶋朋子
スタッフ
演出:加藤拓也
脚本:加藤拓也
入場料・上演時間・その他
 入場料金
6,500円 ~ 7,000円
【発売日】2019/12/19
全席指定席
前売券:6,500円(税込)
当日券:7,000円(税込)

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

舞台『誰にも知られず死ぬ朝』を観た人の感想、評価、口コミ

 

 

◉劇団た組「誰にも知られず死ぬ朝」観てきた。
客席に囲まれた舞台に食卓1つ。
転換もほとんどなく小道具も最初から全て見えている状態。

今いつの誰が話をしているか分からなくなりそうなのに
これが成り立つところがすごいところ。

こんな観せ方があるのかと感動したし、
客席の集中力が凄まじかった。

 

◉観てきた「誰にも知られず死ぬ朝」
死なず老いずの女性と、
彼女とともに老いて死にたいと願った男性の話だったんだが、
た組さんの描く不老不死モノはこうなんだな…
淡々と静かに進む芝居だけど、しっかり見入ってしまった
しんどいけどよかった

 

◉舞台「誰にも知られず死ぬ朝」
初日 観劇してきました!

死ねない妻と一緒に死のうと努力する夫を軸とした物語。
たどり着いた結末は?

時間軸が前後しながらもテンポよく進み、涙あり 笑いあり…
頭の中で物語を組み立ながら 演技に引き込まれながらの150分。
何だか新鮮で良かった‼

 

◉劇団た組『誰にも知られず死ぬ朝』観てきたけど、
13歳の安達祐実がすぐ目の前にいて、心臓止まるかと思いましたね……

死なない歳とらない見た目変わらない主人公のすぐそばに歳を取ってるのに
見た目変わらない安達祐実がいるのヤバかったし、
話自体もめちゃめちゃ面白かったから、みんな観た方がいい。

 

 

◉劇団た組『誰にも知られず死ぬ朝』
死にたくても死ねない主人公と、死にたくなくても死ぬ人たちの話。
相変わらず会話のテンポが気持ちいいし、舞台の使い方が面白い。

話ももちろん面白い。思いもよらないところで笑っちゃう。
あと安達祐実がマジでヤバい。他の人も舞台上での歳の取り方がすごい。

 

◉劇団た組「誰にも知られず死ぬ朝」
大切な人が先に逝ってしまう哀しさ。
切ないのに、最後あの状態で会話してるのには笑ってしまった。

 

◉『誰にも知られずに死ぬ朝』
非現実なのに妙にリアル…。
生と死が身近に存在する歩美と良嗣に徐々に〝沸く〟
感情が切なくてでも温かくて…苦しくて…涙。

対して生を強く感じるりっちゃんと基樹の思春期
親子喧嘩にヒリヒリして…もどかしくて…涙。
未だに胸の奥ザワザワと複雑な余韻で感情が迷子です。

 

◉「誰にも知られず死ぬ朝」
本当に頼むからみんな観てくれ……これは……観て欲しい……

 

◉「誰にも知られず死ぬ朝」
演出の作為が出過ぎる部分もあるが、
大きなフィクションを成立させるための仕掛けと思えなくもない。

張らない演技で2時間半を緊張感もって引き付け、
物語の核を立ち上げたキャストの成熟ぶりが心地よい。
まさか平原テツにキュンキュンする日が来ようとは!

 

◉劇団た組、「誰にも知られず死ぬ朝」
を観に行って参りました。

日常はあっという間に過ぎて、
失われた時間に想いを馳せたり馳せなかったりして、
眠って、夢を見たり見なかったりして、
起きて、「おはよう」って言うんだ。

楽しかったです。

 

 

◉「誰にも知られず死ぬ朝」
なぜか連日の与野本町通い(ハシゴの組み合わせ失敗した…)。
なんだかすごく泣いてしまった。
夫との死別と家族の姿を描く点では昨日の「ありがとサンキュー!」に重なるが、
こちらはある特殊な事情を抱えており、
そのハンデを乗り越えようとする愛情に心を動かされる。

 

◉「誰にも知られず死ぬ朝」観劇。
あり得ないストーリーだが、お芝居に引き込まれて、
あっという間の2時間半だった。

特に安達祐実さんの話し方や仕草が、
場面によって13才(!)にも20代にも40代にもちゃんと見えるのは、
女優さんって凄いって思った。

 

◉『誰にも知られず死ぬ朝』観劇してきました。
人間の根本の部分をえぐってえぐって重たい内容のはずなのに、
何故か私は見た後スカッとする気持ちがあって、
自分になんで?って今問いかけてます考えている顔
とっても面白かったです!!!

 

 

◉劇団た組「誰にも知られずに死ぬ朝」

はじまったその瞬間から「これ絶対おもしろい」と直感。
その後、死についてだけ、みっちり向き合わされる2時間半。
こんなに死についてだけ、語り尽くしていいんだな。
不安を押し込めてまで見る夢は、のちの悲劇を生むだけなのか。

 

◉「誰にも知られず死ぬ朝」を観劇。
舞台音楽の谷川さんが目当てで、
生のお芝居というものは初めて見ました。

セットはほとんど変わらないのに、
役者さんの服や声の張り、姿勢とかで時の経過がわかるんだ。
主演女優さんの最後の壮絶な演技、凄すぎてトラウマレベル。

 

 

 

◉『誰にも知られず死ぬ朝』観てきました。
もう一回観たいけど、もう一回観る体力、気力がない……そんな感じ。
好き嫌いあるかもしんないけど、
私はた組。の言葉の掛け合いがすごく好きで、次回公演も行きたい。
何よりさいたま芸劇小ホールが懐かしくて、一気に2018年11月に心が戻った。

 

◉「誰にも知られず死ぬ朝」観てきました。
めちゃくちゃ良かった…。
あとUNCHAIN谷川さんの歌声が、明らかに神の領域に達してた。

 

◉『誰にも知られず死ぬ朝』劇団た組。
歳を取らない村川絵梨さんと歳が分からない安達祐実さんによって
最終的にオレは誰が何の役なのか分からなくなりました。面白かったです。


 

◉劇団た組『誰にも知られず死ぬ朝』。
ずっと心がざわざわしてました。観に来てよかった。
つーって涙が。静かなやりとりの中にある躍動が美しかったです。

 

 

◉誰にも知られずに死ぬ朝

敢えて死んでは蘇るを繰り返す不死鳥を思い出しながら良嗣が
"わいた"理由とかゴメンの意味とか手紙の中身とか、
観終わった後に謎が沢山残ってて愉しい口を開けて笑っている顔
中年以降の人達のぼやっとした正体不明さに20代の頃自分も
確かに長上がこう見えていた感覚が甦って懐かしさも。

 

◉劇団た組「誰にも知られず死ぬ朝」を観た。

谷川さん見たさで行ったけど内容に精神をやられまくった。
そして支離滅裂なネタバレ感想を書き殴る。

てか公演回数かなり多くてびびる。あんな容量のものを何回やるんだよって。
それともこれくらいは普通なのか?

 

◉劇団た組「誰にも知られず死ぬ朝」観てきました。

めちゃくちゃ面白かった。えらそーなこと言ってしまうけど、
全員芝居がうまい…ものすごく緻密な会話、動きを、
寸分の狂いなく自然に演じられる技量…

そしてめちゃくちゃに濃密な脚本…
それを漏らさず読み取ろうとする客席の集中の度合いがものすごい。

 

◉誰にも知られず死ぬ朝。
序盤から目が離せなくて最後まで集中しっぱなしでした。
演じるって本当に凄いなと改めて感じた150分でした。
上手く伝えられないのですがとても心を揺さぶられて
涙が止まりませんでした。また行きます。

 

 

◉劇団た組『誰にも知られず死ぬ朝』
個人的にはもう少しキュッとまとまってるのと小道具類が
あそこまで舞台上で見えてないほうが好みだけど
題材は考えさせられるものがありました。
テツさんは相変わらずいい声だな〜。安達祐実さんかわいい。

 

◉劇団た組『誰にも知られず死ぬ朝』
を観に行く!
安達祐実13歳!13歳に見える不思議!この人は怪物!
演出の加藤君は年は若いんだけど、
中身は若者の皮を被った怪物じゃないかって…
演者も演出家も怪物
百鬼夜行か

 

◉劇団た組の「誰にも知られず死ぬ朝」観てきたけど
とっても面白かった、、、リアリティ溢れ時には
コミカルな部分もある会話劇の中で漂う愛情や諦観が凄い良かった

 

◉劇団た組の「誰にも知られず死ぬ朝」も観てきたけど、
こっちは何度死んでも再生してしまい不老の妻と、
普通に年老いていく夫(とその兄とか家族とか)の話で
ズシンと重い会話劇みたいな……
ミッドサマー観た後だから余計に
「生命の環」に包摂されない人間のこと考えてしまった

 

◉劇団た組『誰にも知られず死ぬ朝』
『在庫に限りはありますが』で覚悟はしていたけれど、
なんとも言えないズシンとくる後味。

イキウメにありそうな題材だけど、
イキウメだったらまるで違うアプローチになるだろうな…
ラストに生演奏のラストの歌が沁みる。
村川絵梨さんと平原テツさんが切なくて苦しい

 

◉劇団た組第20回目公演
「誰にも知られず死ぬ朝」鑑賞。

何度死んでも必ず生き返る女性と、
その旦那さんを中心に展開していく話。

場面転換や時系列の並びが巧みで、さっきのシーンが、
ここにつながるんだと、頭の中で物語を組み立てていく感じで楽しめた。

 

◉『誰にも知られず死ぬ朝』初日!
緊張で全身強張って呼吸が浅くなる感覚、
毎度とても消耗するし吐きそうになるけど必ず見てよかったなと思うから凄い……

一昨年ぶりにまた彩の国で藤原季節の芝居を見れて嬉しかったし、
寒いなかこの道を歩く度にバスケしてた彼らを思い出すんだろうな……

 

 

 

 

◉た組「誰にも知られず死ぬ朝」。
おもしろかった。でも、この感情に整理ができない。
終わりがあるから、楽しめることも愛おしいこともある。
でもずっと見送り続けないとしたら?
平原さんのあの場面好き。湧くじゃんて(笑)

 

◉劇団た組。『誰にも知られず死ぬ朝』

この1年くらい一番見たかった劇団の舞台を、
本当に腕のある役者ばかり、
そしてそれに寄り添う音楽で観られて、本当に良かった

いつ観てもいいものもあるけれど
私にとっては
いま観ることに価値のある舞台でした
生きてけるって思いました

 

◉誰にも知られず死ぬ朝
はじめっからすごい。迫力がすごい。面白いししんどい。
こういうお芝居観るの初めてだったけど観てよかった。
あと2回も観れるの。贅沢でしょ……

 

◉『誰にも知られず死ぬ朝』
た組を2回目の観劇

深い余韻をまたしてもいただき死ぬことと寂しい、
生きることと寂しい、色んな寂しいに思い耽りました😉
作品を生み出せる作演出の加藤さんの若さが不思議。
女優さんはやはり美しい

 

◉『誰にも知られず死ぬ朝』
初めての舞台観劇

もちろん
安達祐実さんのお仕事が見たくて。

「13歳りっちゃん」への憑依
存在感の厚み
熱感 と 緩急
造形が美

好きすぎて 泣きそうなった

 

 

◉舞台「誰にも知られず死ぬ朝」…
初日 観劇してきました✨

まずは、腹ごしらえ…お腹いっぱいで眠くなったらどうしようかと思ったけど、
そんな心配はいらなかった😂

死ねない妻と一緒に死のうと努力する夫を軸とした物語。
たどり着いた結末は?

時間軸が前後しながらもテンポよく進み、涙あり 笑いあり…
頭の中で物語を組み立ながら 演技に引き込まれながらの150分。
何だか新鮮で良かった‼

役者さんてすごいなぁ~と改めて思った。
りっちゃん役の安達祐実さん、10代~を演じていましたが
不思議とその年代にしっくりはまって見える!
(20年くらい前、仕事帰りに寄ったラーメン屋に安達祐実さんがいらした。
キラキラしててとっても可愛かった印象…
私の中では あの頃のまま変わってない✨)

お目当ての季節くんの演技も素晴らしかった~💕
季節くんの声も好きだなぁ~😊

最後のシーンとあれがとっても気になる💦
あれには何が…?
何故あの子に託された?

ロビーには祝い提灯が並んでいます。
見覚えのあるお名前を発見!

パンフレット、購入したので 後でじっくり読もう!

もっと色々な作品を観てみたい✨
目の前で演技しているのを観るのっていいものですね😉
やばい💦舞台、ハマりそう😂

 

◉劇団た組。『誰にも知られず死ぬ朝』初日

なんかもうすごかった、、、しんどかった。
しんどかったけど凄い見ごたえあった。でもしんどかった、、、衝撃。
しんどいけどまた観たいよ。やっぱりた組さん好きです。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY THEATER エンジョイシアター

(Visited 261 times, 1 visits today)

-舞台
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY THEATER|舞台ミュージカルのネタバレ口コミ評価あらすじ , 2020 AllRights Reserved.