【みんなの口コミ】舞台『金魚鉢のなかの少女』の感想評判評価 - ENJOY THEATER|舞台ミュージカルのネタバレ口コミ評価あらすじ

舞台

【みんなの口コミ】舞台『金魚鉢のなかの少女』の感想評判評価

投稿日:2018-10-08 更新日:

舞台『金魚鉢のなかの少女』口コミ感想ネタバレ 舞台『金魚鉢のなかの少女』あらすじ 公開上映中おすすめ舞台ミュージカル

「堺小春、素晴らしい!」「ローレンスのちょっとズレた言動に振り回される父母にも爆笑!」「美術、衣装も素敵。切ない余韻が嬉しい!」


上映中【2018年10月6日(土)~10月14日(日)公開】

舞台『金魚鉢のなかの少女』とは

下宿人を交えての三角関係?
真ん中に挟まれ孤軍奮闘する少女?

そして、一体あなたは誰?

1962年秋、アメリカとソ連による一触即発の核戦争の危機、キューバ危機に世界は直面する。
主人公のアイリスは11歳、カナダの片田舎の海に面した小さな町に住んでいる。彼女にとっての危機は、キューバの危機より母が自分と父を置いて家を出て行こうとしている事だった。アメリカ大統領がソ連に最後通告を送ったちょうどその頃、飼っていた金魚アマールが死ぬとアイリスは浜辺に打ち上げられていた一人の身元不明の男を家に連れて来る。男は一体誰なのか──アマールは生まれ変わって、家族を──そして世界を危機から救うのか?


 

キャスト
堺小春/広岡由里子/古河耕史/矢柴俊博/中嶋朋子
スタッフ
作=モーリス・パニッチ 翻訳・演出=田中壮太郎
入場料・上演時間・その他
 入場料金
全指6,500円 *25歳以下料金あり
上演時間
約2時間15分(休15分)

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

舞台『金魚鉢のなかの少女』を観た人の感想、評価、口コミ

 

 

 

◉子供が自分の世界の中で考える夢と理不尽、不可思議と小さな幸せ、一つ一つが、
些細な問題であり、世界の問題でもある。
たった一人の幸せを世界は保障してくれない。
地人会新社『金魚鉢のなかの少女』

 

◉田中壮太郎さんがカナダ戯曲を10年振りに翻訳・演出。
おませな少女が両親の不和による家庭崩壊を回想。死んだ金魚の生まれ変わり(?)の闖入者がその危機を救うのか。
戯曲の面白さを丁寧に立ち上げ、コミカルな演技に工夫を凝らす。美術、衣装も素敵。切ない余韻が嬉しい。

 

◉舞台「金魚鉢のなかの少女」観劇
滑らかな心地で流れていく言葉と
崇高なものを感じるユーモア
とても洗練された舞台でした。

 

◉中嶋朋子ちゃんに古河耕史くんに広岡さん…好きな俳優さんたちばかりの舞台『金魚鉢のなかの少女』初日観劇。
田中壮太郎さんが翻訳・演出。俳優として何度も観ていましたが演出ははじめてでした。
素晴らしかった!俳優さんたち全員良くて、美術、音楽、衣裳どれも素敵でした。どの役も難しい戯曲。
パンフレット500円は嬉しい😃

 

◉『金魚鉢のなかの少女』
聡明で多感な11歳になる少女を演じた堺小春ちゃん素晴らしかった。
ファンタジー仕立て
そしてやっぱり古河耕史くんは素敵でした。すごく難しい役だなぁ…あの場面が目の前だったのでキャーと内心(初日なので言えない。笑)

 

◉『金魚鉢のなかの少女』(2時間10分、休憩15分、14日迄)初日を赤坂RED/THEATERで観劇。
アイリスが舞台を縦横無尽駆け巡り、登場人物達の心理行動も全て説明しちゃう壊れかかった家族の物語。
ローレンスのちょっとズレた言動に振り回される父母にも爆笑させられました。是非オススメの舞台。

 

◉金魚鉢のなかの少女、幕間。堺小春素晴らしい!

 

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY THEATER エンジョイシアター

スポンサーリンク

-舞台
-, , , , , , , ,

Copyright© ENJOY THEATER|舞台ミュージカルのネタバレ口コミ評価あらすじ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.