舞台

【みんなの口コミレビュー】舞台『いのち知らず』の感想評判評価

投稿日:

「勝地涼、仲野太賀から目が離せなかった!」「ちょっと難しくてわからない感じもあった!」「言葉の世界に頭と心と目を集中させた2時間!」


【2021/10/22(金)~2021/11/14(日)】

舞台『いのち知らず』とは

ロク勝地涼とシド仲野太賀は山間にある、ある施設の門番をし、番屋で同居している。
もう一人モオリ光石研という年嵩の門番がいた。ロクとシドはモオリのことを陰気で面白みのないやつだと思っていたが、ある時門番をしている施設が、なんの施設か知らされる。
モオリが言うには、施設は「死んだ人間を生き返らせる研究をしている」らしい。
二人は、モオリの言うことを俄かには信じられなかったが、これまで気にもとめていなかったモオリが、知性のある優れた人間に思えてくる。
二人には、この仕事でお金を貯めて、街で車の修理工場を立ち上げる、という夢があった。
そのために、人里離れた山の中の仕事に就いたのだ。ここは、他のアルバイトよりお金になった。
しかし、その施設の異様さが、やがて二人の行く末に不安な影を落としてゆく。大きな力に翻弄されていく若者と、それを傍観する一人の男――彼らの「いのち」に迫る陰謀とは――。

 

キャスト
勝地涼、仲野太賀、新名基浩、岩松了、光石研
スタッフ
演出:岩松了
脚本:岩松了
入場料・上演時間・その他
 入場料金
5,500円 ~ 7,500円
【発売日】2021/08/28
全席指定 前売・当日共 ¥7,500
U-25 チケット ¥5,500

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

舞台『いのち知らず』を観た人の感想、評価、口コミ

◉『いのち知らず』
五人の会話だけで進む物語
言葉全てに命が宿り、セットが目まぐるしく変わるわけではないのに、
私の中でいくつもの世界が広がりました。
膨大な台詞量、白熱した掛け合いが圧巻。ところどころに散りばめられた笑い
とても素晴らしかった。

太賀くんと勝地さんの掛け合いほんと息を呑んだ。
あと岩松了さんの観客の心を掴むところすごいなぁって思った
内容的には私にはちょっと難しかったから、パンフレット見て復習します
役者と役者の本気のぶつかり合い
生の迫力に興奮したなぁ
舞台ってやっぱりいいなー♡

 

◉『いのち知らず』
派手な演出はなく舞台転換もなく
5人の台詞劇 俳優さんの熱量をビシバシ感じました

渡される劇案内のチラシの分厚さで
あぁ やっと演劇業界の活気が戻ってきたなぁと嬉しかった👍頑張れ💪

 

◉『いのち知らず』
勝地涼×仲野太賀×新名基浩×岩松了×光石研

え!?
それって……!?
ええ????
という、ミステリー作品。

パンフレットの5人。
生舞台は最高でした。

 

◉『いのち知らず』を観劇☺️
セリフ量が多くて頭を整理できなかったのでもう1回観ることにしました😅

 

◉『いのち知らず』観劇
めちゃくちゃに消耗してしまい、
芝居中に解釈しようとして意識逸らしそうになる度役者さんの熱でビンタされて
あの空間に振り戻されるの繰り返したもんで久し振りに終演後の解釈の擦り合わせ捗りましたね…

 

◉『いのち知らず』観てきました。
岩松作品はやはりどうしても理解できなかった・・・・
とにかく意味がわからないことだらけで、○ロナで観劇控えてる間、
ジャニーズの舞台しか観てなかったから、ついてくのに必死www

 

◉『いのち知らず』観劇。
ここでこんなものが書ける岩松了さんに脱帽。
役者を信頼してないと無理だし、出演してる皆さんが羨ましい。
面白かったー。

 

◉『いのち知らず』観劇。
的外れかもだけど考察メモ
時系列(世界線?)を追うための指標はラジカセ修理の進捗に加え、
テーブルの位置も関係しそう

あっち側とこっち側の解釈は、あの世とこの世、仮想と現実(舞台と観客)など。
劇全体としてはメタ要素は薄いから前者かな

学ラン遊びの解釈は、2人とも首吊り自殺したとか?
劇中の2人は生き返らされた人間とか。
2人とも裕福な生まれでなく身内いない孤児?だとすると実験台として最適。
生前の記憶はどこまで保持してる?

シドとロクはお互いの名を頑なに呼ばないのが違和感。呼べない?

土に埋めたのは普通に考えたら帽子

 

◉『いのち知らず』観劇。
存分に岩松さんワールドに引きこまれる会話劇。
凄くおもしろかった!友情、孤独、嫉妬、、苦しいなぁ。
男ばかりの5人芝居で全員が揃う場面はない。
だけど、出てこない登場人物たちの存在もジリジリ感じました。
勝地くん太賀くん素晴らしい!

 

◉『いのち知らず』
光石研さん好きな役者さんだから生の演技見れて嬉しかったし、
いつもテレビで見てる役者さんの生の演技はすごい迫力だった。

 

◉『いのち知らず』観劇んぐ。
きたー、久しぶりの岩松さんの新作。
観客を投げっぱなしジャーマンで脳みその奥底へ放り出すのが心地よい。
最初と最後で伏線回収したつもりが、してないのか、答えがわかったような、わからないような。
いいんですこれが岩松さんだから。

 

◉『いのち知らず』
そもそも主人公がおじいさんに偉そうな態度でため口使っているのがムリで、殴ったりするのもダメ。
話が進むとそのおじいさんが元々は先輩警備員としてパワハラ指導?してたらしいけど
その後の関係が変化したとしてもそれがイマイチ明かされないので消化不良。

 

◉『いのち知らず』
初めてシェイクスピア以外の演劇を見た。
不毛なやり取りで怒鳴り合ってるだけじゃないか。

複線回収のために過去に遡った話かと思ったけど
終始回収されない複線みたいでよくわからなかった。
「言葉じゃないから!」という台詞もこの芝居そのものを指しているようで指していなかった

 

◉仲野太賀さんの演技を生で感じたい!と思い
『いのち知らず』を観劇。

ネタバレはできませんが、個人的にドキッとすることがあってちょっと変な感覚に。
やっぱり生の熱量ってすごいです👏

 

◉『いのち知らず』観劇してきました!
怒涛の会話劇ですごく引き込まれました。
楽しかった!ありがとうございました!

 

◉『いのち知らず』観てきました。
席は最前列より数列後ろが死角がなくていいよね…と実感させられた舞台でした…
いっちばん大切なシーンで、セット上の小道具が邪魔で役者の姿が全然見えないとかひどくないかーーー?!

 

◉『いのち知らず』
2回観たけど、やっぱりラストの解釈が難しい。
何回観ようが結局、考え方次第。

SF的に考えるか?現実的に考えるか?ここで割れるんだろうなぁ。
結論は、もやっとしたまま置いておくのも良いかもしれない。
この作品の一番の魅力は、ナマの演劇(芝居)の面白さだと思うから。

 

◉『いのち知らず』役者さん感想。
ロクを演じる勝地くん素晴らしかった、こんなに声の良い人だったとは。
動きや台詞の強弱も、この作品における仕上がり方が抜きん出ていた。
シドを演じる太賀くんも良かったけれど、もっとこの域に食い込めるはず。
思い入れのある人には更なる期待をしてしまう(笑)

ロクとシドが一瞬、同時に同じ台詞を言う場面があって、
その自然なシンクロっぷりにゾクッとした。

モオリを演じる光石さん、失礼ながら、主演二人に対すると若干押され気味?
モオリについては事前の勝手な想像で、孤高の不気味な存在なのかと思っていたら、
人間の弱さを抱えつつ、それゆえ皆と関わりつつ掻き回していくような役割で、
こういう場に居たら一番厄介だなと思った。

トンビを演じる新名さん、役柄的に捉えどころはないけれど、
やや高めの発声で、登場するとなんとなくホッとする存在感だった。
安西を演じる(作・演出も手がける)岩松さん、とにかくズルい(笑)ズルいに尽きます。

 

◉『いのち知らず』
90年代、小劇場に夢中だった当時も岩松了さんのお名前はチラシなどで見ていたけど
これは私より大人の?お芝居なんだろうと思って観ずにいた。
今回初めて観劇して、もっと早く出会いたかったとも今で良かったとも思った。
「男5人」でピンときた直感は正しかった!また何度でも観たい。

 

◉『いのち知らず』
席番がB列の端っこである程度の見づらさを覚悟して行ったら、
飛沫対策のためかA列を入れておらず、まさかの最前列だった!
隣席も来ず若干隔離状態で、端っこながら良好な視界で満喫してきました。
物語の理解できなさも含めて「演劇観たわぁ」感。


◉『いのち知らず』観てきました!
活字半端なくてコレを2時間超えやってる演者さん最高でした。
勿体無いのは脚本がお客さんに応えていない事。
もっとセリフ少なくてもわかりやすくても良かったかなあ。
でも仲野大河さん勝地涼さん最高でした

 

◉『いのち知らず』
熱い出演者の方々目当てだったけど期待通り、
勝地さんのつかめない感じの独特な雰囲気とても良いし、
太賀さんとのやり取りは双方激熱。

ただ物語は正直つかみきれなかった、
次もあるけどセリフに集中しすぎるのも違うのかな、そこら辺迷う

 

◉『いのち知らず』
もしかして、えっ違うの!どういうこと!頭をかきむしるように観てたら、
ジーンとさせられたり、切なくなったりと、
どんどん舞台の世界に引き込まれて夢中で観てました。
5人のお芝居すごかった。贅沢な時間でした。
まだ余韻が冷めない。

 

◉『いのち知らず』
「すばらしき世界」で気になった仲野太賀さん目当てで鑑賞。
物語には常に不穏なものが付きまとい、言い争いのシーンではこちらにも緊張が走った。
ラストの解釈が難しく、もう一度見たくなる。
会話中心の劇だが、役者が粒揃いのためあっという間の130分だった。

 

◉『いのち知らず』観劇!
描かれるのは、話題の中心地である施設ではなく、その門番が暮らす番屋。
派手なイベントがあるわけではない。
繰り広げられる会話のテンポはさることながら椅子や服など小道具の使い方もすごかった。
台詞と動き、どちらがブレてもあの世界観は崩れるんだろうな。心地よく難解です

 

◉『いのち知らず』
初たいきゃんでした🍂
この人のお芝居が好きで生で見れた時間が本当に夢のようでした
終わった時は伏線回収やばすぎて(勝手な解釈だけど)震えてた、、、
今は余韻にズブズブ浸って自己肯定感上がってます
本当にこの人のお芝居が好きだなあって改めて思えました

 

◉舞台『いのち知らず』を鑑賞。
仲野太賀さんの演技に魅了され、はや数年。
テレビの中にいた人がすぐ目の前にいる感動。しかも神席。
生太賀さん、めちゃくちゃかっこよかった!
役者さんの発声、滑舌、セリフ量、表情に圧倒されっぱなし。
瞬時に感情を爆発させる様が凄すぎた。
ふわふわ夢見心地。

 

◉『いのち知らず』
ハタチのバカ(笑)には難しかったけど、言葉って難しいなって感じた。
ロクとシドのよくぶつかり合うけどよく笑いあって
お互いの夢にお互いが絶対にいる関係が素敵だなぁとしみじみ。
空気読んだり読まなかったりする御三方も素敵でした!(勝地さんの声スキ…)

 

◉仲野太賀さんをお目当てに『いのち知らず』観劇。
膨大な量の台詞劇。2列目だったので役者陣の表情にぐっと引き込まれる。
勝地涼さんと太賀さんのヒリヒリするような掛け合いに息を呑む。
やや複雑な内容なので意味は通じるけど咀嚼しきれない感じ。すごく面白かった。

 

◉『いのち知らず』
とある施設の門番達。その施設で何が行われているかも知らずに…
中心に触れずに外側のやり取りを沢山見ている間に、
これってどういうこと?あれってなんだったの?と後から色々とモヤモヤ考えさせられた。
冒頭とラストの繋がりで背筋がヒヤリと。光石さんがキーパーソン。

 

◉『いのち知らず』観劇して来ました✨✨
生太賀くん
ずっと見とれてました☺️
かっこよかった☺️

頭使ったので何回も観ないとむずかしい~~🙃

 

◉『いのち知らず』
難解な作品という評判に、舞台全体が見渡せる席だったので
「とりあえず全体を味わおう」と臨む。
と言いつつも、時系列が掴みにくかったり、
一つの事柄を各人の抱える真理の角度のまま話し合おうとしていたりで、
混沌の中から真実を掬い上げる作業を脳内で行なっていた気がする。

その作業に苦痛はなく、幸運にも複数回観られるので、
次回新たに見えてくるものもあるのではと。
役者さん五人とも演技力が揺るぎないからこそ期待できることかもしれない。
主演二人のやりとりが中心になるかと想像していたが、
各登場人物いろんな組み合わせ(二名が多い)で会話が重ねられていった。

 

◉作・演出:岩松了さん、勝地くん、太賀くん主演
『いのち知らず』観劇。

難しかったけど面白かった!
テンポ良くセリフの掛け合いがあり所々笑えるシーンがあるも不穏な空気が続く。
勝地くん、太賀くんから目が離せなかったし光石さんも良かった。
ラストシーン私なりの解釈があるけど真実は分からない。

 

◉『いのち知らず』
役者の熱演に魅了され、なんか知恵熱みたいに
ボーッと見ていたら、内容がよく分からないママ。

パンフレットを読んでも腑に落ちないところがあるので、また観に行こうと思います。
次は、もう少し暖かい格好で。劇場内、わりと寒いのでご注意を。

 

◉『いのち知らず』
勝地涼君と仲野太賀君、息ピッタリだった。
ふたりとも台詞回しが上手くて表情が繊細。
やっぱり岩松作品は本多ぐらいの大きさが丁度良い。

最初親友と呼ぶにはドライな感じに見えるんだけど、
お互いが大事な存在であることはすぐに分かる。
いやはや舞台に立ってる太賀君ほんと好きだわ

 

◉『いのち知らず』
男5人で作る小さな人間関係、ラストまではぐらかす核心、
行ったり来たりを繰り返す会話、そして"信じる"ことと"信じ切れない"こと。
相変わらずの大好きな岩松節である。
今回不穏な空気を解す役割を岩松さん自身が担っているのが面白かった。
パンフレットのインタビューは必見

 

◉『いのち知らず』観劇。
物語が進むにつれて胃の上がソワソワして、最後まで解消されなかった。
何か大きな出来事に巻き込まれている彼らの、小さな部屋での様子。
「井の中の蛙」は不幸なのか。事実と言葉。言葉の裏なんて覗けるものじゃない。
では、観客はどの裏を覗けば彼らを知ることができたのか。

 

◉『いのち知らず』舞台観劇して来ました\(^0^)
勝地くんと仲野くんの演技、掛け合いが迫力あって素晴らしかった✨

 

◉『いのち知らず』
こちらの舞台を観劇して来ました。

難解な内容でありながら引き込まれ、あっという間の2時間10分でした。
勝地涼さんと仲野太賀さんの掛け合いの凄さに息をのみ、引き込まれ、疲労困憊です💦

 

◉『いのち知らず』を観劇して来ました。
…私には少し難しかった😞
それでも膨大な言葉量とテンポが心地よく何度もクスッと笑えるところもあり
観れてよかったなぁ〜と帰宅中ふわふわした気持ちでいっぱいでした。
個人的に勝地さんの
「ぐんな〜い」の言い方が好きです。

 

◉『いのち知らず』
2回目見てきました。
1回見てるからわかることもあったけどやっぱりわからないことの方が多い😅
全公演終了したら誰か解説してください😅さて来週は下手席だー。

 

◉『いのち知らず』みてきた!
2時間10分会話劇!
心地の良い疲労感とともに帰宅🚃

 

◉舞台『いのち知らず』を観てきた。
舞台風景は不動、照明も音楽も必要最小限。
劇的な出来事もなく、なかなかに難解なのだけど、
集中して見入ってしまうくらい役者たちの熱量がすごい。
勝地涼と仲野太賀は似たような頭こんがらがりそうな大量の台詞。
よく覚えられるな。やはり生のお芝居はいいね!

 

◉『いのち知らず』
コロナ禍で観れなかった、お芝居や舞台。
久しぶりに下北沢の本多劇場来れた。
「いのち知らず」難解だったけど、俳優の迫力が凄かったです。
仲野太賀観れて良かった!

 

◉『いのち知らず』観劇。
久々に観たストレートプレイ。
凄まじいほどの台詞劇。

役者という仕事をとことん見せつけられた感覚。

仲野太賀くんの演技はやはり好きだ。
勝地涼くんとの掛け合いに息を呑む。
言葉、言葉、言葉の世界に頭と心と目を集中させた2時間。

心地よい疲労感

 

◉『いのち知らず』観劇。
よく分かんない時は分かろうとすると余計に分かんなくなっちゃうので
劇場に身を委ねると心地よい。
すると時々わっ!とかあれ?とかなってゾクゾクする。
太賀さんも光石さんもみんな素敵。
そしてやっぱり客席に知った顔がちらほら見えてそれがとても嬉しい。

 

◉岩松了の作・演出・出演の『いのち知らず』観劇。
勝地涼、仲野太賀、新名基浩、光石研の男性5人のみの2時間10分。
先行で申込したのでかなり良席。岩松さんの世界だなぁ。
セリフ量が膨大であのお芝居の集中力で全国30公演以上!感服っす。

 

◉『いのち知らず』みてきた。
ヒリヒリした〜難しいけど面白かった。

人と人が真正面から言葉でぶつかり合う中で動く感情。
それを膨大な量のセリフとすごい速さの会話の中で表現する役者さんに驚き…すごいや…

当たり前だけど、舞台だと喋ってない時の表情を見られるのがたまらんなぁ。

 

◉『いのち知らず』見てきた。
信/不信をめぐるやりとりが図らずも、陰謀論が日常にとけこんだ現在と重なる...
いや、我々は常にこんな感じなのかもしれない。
雑巾やコップといった小道具で間接的接触を模索するのはコロナ禍の挑戦。
舞台のあちこちに感じられる時間の澱もたまらなかった。

 

◉『いのち知らず』
とんでもない陰謀があったのかもしれないし、
結局のところ何も起きてなかったのかもしれないし、
全くわからんけど、何だろこの心地良さ。

 

◉『いのち知らず』を鑑賞。
面白かった〜!
メンツも最高だけど、演者達が討論というか
言い争ってる場面は観ている側も気不味くなる程の空気感。
その空気をノックもせずに入ってきてさら〜っと壊していく岩松了さん、笑
現代劇の面白さ。

 

◉岩松了 作・演出、勝地涼と仲野太賀W主演の
『いのち知らず』を観る。

いかにも岩松のセリフ劇で、男5人の登場人物の関係性や、
何が起こったのか起きつつあるかを推理・再構成しつつ、
会話の影に潜む心理を読んでいるうちに終了。
緊迫感とビミョーな軽さのギャップにクラクラしちゃったよ。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY THEATER エンジョイシアター

(Visited 3,598 times, 1 visits today)

-舞台
-, , , , , ,

Copyright© ENJOY THEATER|舞台ミュージカルのネタバレ口コミ評価あらすじ , 2022 AllRights Reserved.