舞台

【みんなの口コミレビュー】舞台『アンチフィクション』の感想評判評価

投稿日:

「凄く面白かった!谷賢一さん一人芝居!」「やっぱり生舞台はいい。緊張感がある!」「演劇の力と可能性を感じさせてくれた!」


上映中【2020/07/16(木)~2020/07/26(日)公開】

舞台『アンチフィクション』とは

え、今やるの? 今やります。生です。新作です。今しか書けない、今しかやれないものをやります。今書いてます。今を、書いています。久しぶりに劇場でお会いするために。(谷賢一)

作・演出・出演すべて一人。谷賢一による完全一人芝居。
「ここで起こることはすべて本当です」と標榜する“アンチフィクション”演劇が、コロナ禍の中、演劇をどう生きるか、劇場をどう生きるか、数々の実験的手法を試みつつ上演に挑む。

谷賢一、岸田國士賞・鶴屋南北賞ダブル受賞後、初の新作。劇場での生上演の他、オンライン配信も実現!

 

キャスト
谷賢一
スタッフ
演出:谷賢一
脚本:谷賢一
入場料・上演時間・その他
 入場料金
1,000円 ~ 3,500円
【発売日】2020/06/13
一般 3000円/当日 3500円
高校生以下 1000円(前売・当日ともに/枚数限定)

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

舞台『アンチフィクション』を観た人の感想、評価、口コミ

◉谷さんの『アンチフィクション』観劇。
客電が落ちて”物語”を共有する空間で対話する…5ヶ月ぶりの感覚に高揚。

殆ど笑っていた気もするけど随所に刺さる言葉。展開に驚く。
谷さんが心身共に削って紡いで生々しく魅せるアンチフィクション。凄い。
今”だから”観劇できてよかった。これからも…と、願う。

 

◉「アンチフィクション」
冒頭谷さんが芝居がかった感じで喋り始めてなんだか気恥ずかしい、
まさに現実場面と一続きの感じで始まり、
今と行き来しながらだんだん数か月前の谷さんの世界にどっぷり入っていく…。

そうか、谷さんはこういう形で
フィクションに救われるんだなぁと思った。言葉の人だ。

ただ、作品づくりに悶える様は確かに滑稽なのかもしれない
(というかそう見せていた)んだけど、

そこにいるのは本人だし、なんかマジの出来事っぽすぎて
ウワーーッ現実ーーー!ってなってしまって笑いきれなかった。
滑稽な動きがかえってよろいっぽく見えてしまったというと言い過ぎだろうか…。

 

◉『アンチフィクション』。
コロナ禍故に生まれた苦肉の策の果てにある芝居ではあるけれど、
その熱量と懊悩は今だからこそ目撃出来るかけがえのない
演劇体験になった(記録としてもDVD欲しいな)。
しかも単なるドキュメント演劇ではなく極上のエンタメ作品として作られている。えらい。

 

◉アンチフィクション』 マチネ観劇。

ごめんなさい、まさか此処まで面白いとは思わなかった。
主宰・谷賢一自ら板の上で、自らの肉を切り骨まで断って語る
演劇論はほぼストリップな私演劇から終盤、急転直下のフィクション復権へ。
圧倒されます、是非劇場へ!

 

◉谷さんの一人芝居「アンチフィクション」をみてきました。
世界の関節ははずれてしまったアフターコロナの世界で、
フィクションを、演劇を楽しむってなんなんだろうなと考えてました。
sgtペッパーズパロのクソコラめちゃ笑った。

 

◉『アンチフィクション』観劇!
約4ヶ月ぶりの劇場に行って観る演劇

なかなか混沌としていたけど、フィクションでもなく、
ノンフィクションでもないタイトルが、
終わってから反芻する間にじわじわと腑に落ちていく

感染症対策もすごかった
検温・手指と靴の消毒・間隔を空けた席組み
・谷さんは口元用のフェイスシールド着用
・上演中の換気タイム・終演後も列ごとに分散退場!

 

◉『アンチフィクション』観たけどおもしろかった。
いろんな意味でひどいんだけど笑ったし謎の元気が出た。
演劇と元気は切り離せない。と思う。元気があればなんでもできる。のだから。
終わりの方である動物が出てきて喋るんだけどノルシュテインの世界みたいだった。

 

◉ダルカラの『アンチフィクション』
主宰による一人芝居の筈が、そうは見えない。
立ち上がり悶え踊り揺らめく影法師の一つ一つが演劇人だ。
来てよかった。

 

◉ダルカラ「アンチフィクション」
約4ヶ月ぶりの観劇。やっぱり生舞台はいい。緊張感がある。
うまく言語化できないけど、急に近くに感じたり、ぐいーんと遠くにいったり。
でも終始実感はあった。生きるのくだりはすごーくふに落ちた。

 

◉コロナ禍で演劇ってなに⁇と考えたことあるひとはすくなくないと思う
答えは出ないかもしれないけどあーでもないこーでもないって
思い出したときにぼんやり考えるのわたしはきらいじゃないんです
一助になったのはダルカラ 谷さんによる一人芝居『アンチフィクション』
新しい演劇表現のひとつだと思った

 

◉『アンチフィクション』。
“”死がうっすら漂う現実にフィクションは勝てない” “この現実に勝てる古典があるのか”。
久々の劇場。消毒・マスク・格子状の座席、自分も新しい現実の小道具だと折伏された。
しかし舞台上の私小説、加速する逸脱は面白く、ひととき外の現実より強かった。

 

◉「アンチフィクション」終了。
演繹も帰納もわからないリアルの中で、
今、何を語るのかという谷さんなりの答えなのかな。

昨日のこまつ座で太宰が「宝石」と語っていたものに通じる。
確かに今までにない状況で、良い悪い関係なく、
これに慣れていってしまうんだろうけど。慣れる前に書いておいたのか。

今わたしたちが見つめるもの。忘れないでおきたいもの。
あまりにも身も蓋もない表現もあって、不安にもなったけれどw
お身体は大切にしてください。

 

 

 

◉「アンチフィクション」
客席の緊張感も相まってとてつもなく生々しい怪作だった………。
まだドキドキしてる。観て良かった。

 

◉『アンチフィクション』観了。
フィクションを超えるコロナという現実を前に作家として
何を成すべきかという苦悶を谷賢一氏が役者として訴える。
演劇の力と可能性を感じさせてくれた佳作。

オンライン演劇の可能性も楽しみだが、
それでも私はやはり劇場で観たいと痛感した60分。


 

◉『アンチフィクション』マチネを観賞。
久しぶりの劇場での観劇、舞台から伝わってくる「熱」が心地よい。
フィクションではない困難な現実、
その中でも辛うじて見える明るさに希望を託したいと思った。

 

◉谷賢一さんのひとり芝居『アンチフィクション』というフィクションを観劇。
文字通りダルカラードポップな作品。
ラスト近く、照明が落ちたあと目に残像するシーンが好き。
谷さんが演出と上演台本をした『High Life』みのあるあの場も好き。
前列上手は太田先生かな?あの映像も好き。

 

◉『アンチフィクション』を。面白かったし濃かった!
今の時代に劇作家が抱いている剥き出しの葛藤。
所々コミカルに見せながら掘り下げられていく様に、私自身も自問自答しながら観る。
そこにはリスクを負いながら劇場で演劇をやる(観る)答えのひとつがあった。

 

◉谷賢一さんの1人芝居
『アンチフィクション』を観劇。

谷さんのありのままの姿がここまでか!とばかりに赤裸々に、ポップに描かれていました。
今の時代だからこそ生まれる作品。

やはり劇場で生で観て感じる事にとても意味を感じました。

コロナ対策も徹底されており、安心して観劇出来ました!

◉DULL-COLORED POP『アンチフィクション』観劇しました。
ハッとする問いに満ちてた。
感じたことはここに書ききれないほどたくさんある。
ものすごい作品を観た……。

 

◉本日、谷賢一さん脚本演出出演の『アンチフィクション』を観劇。

リアルな言葉と行動に愛が溢れ、
コロナ禍の闇の中にも光を感じました。

観劇中は終始笑いに包まれ、現実を忘れるほどのめり込んで楽しみました。

万全な対策もされていて、安心して観劇できました。
あぁ、これからの演劇に幸あれ。

 

◉ダルカラさんの
アンチフィクションを観劇。

台本買ってお酒飲みながら読んで、またニタニタしてしまう。
幸せだなぁ。
やっぱり芝居をしたい

 

◉『アンチフィクション』
谷賢一さんの1人芝居観てきました。
密にならないように、換気もしっかりと。
作家って大変だなぁという感想。奥様のご苦労お察しします(笑)

 

◉『アンチフィクション』

劇場にいられるのが久しぶり。
当日パンフに並ぶ名前にうれしくなりながら、スタッフワークに感動。

そして徹底したコロナ対応に制作の意志が感じられ、
お客様のご協力にも感謝でした。
一人一人が意識を持つことで、劇場というものが成り立ってゆくのかしら。。

 

◉『アンチフィクション』観劇。
やさしい演劇悪魔、谷賢一のひとり芝居。純粋な奴っちゃなぁ。
純粋の上に更にピュア抗菌コートしてあるから強いよね。爽快な気分で帰る。

 

◉DULL-COLORED POP『アンチフィクション』。
谷賢一氏自ら演じてオペする一人芝居。

「私演劇」の体裁だが、それ自体たくらみではないかと思わせる挑戦的構成。
集中しないと足をすくわれるが、謎解きがまた楽しい。
換気タイム込み70分だが、序破急とカタルシスを堪能。
凝った映像(松澤延拓氏)も効果的。

 

◉『アンチフィクション』見てきました。
とんでもないものを目撃した...すごかった...
うわーすごかったよ...ウワーッウワーッウワーッ天才や...うわあああ

 

◉アンチフィクション
一人の演劇人のど真ん中直球ストレート。

岸田戯曲賞作家がただの情けないおっさんに思えて来て
苦悩する姿もポップでコミカルで笑える物語なんだけど、
コロナ禍の演劇の絶望的現実にフィクションが惨敗する笑えない物語にも思えた。

 

◉『アンチフィクション』観劇。
久しぶりだ、観劇!コロナ禍で自分の好きが信じられなくなってて、
好きでいなきゃの免罪符の様にチケット予約したけど、
ちゃんと好きだった。劇場、舞台、演劇。
安定した状況じゃないと欲しがられないものだけど、
今やる、見るに意味がある作品もちゃんとあった!

 

◉『アンチフィクション』
谷さんファンだけど、コロナ禍で自宅に篭ってる時に
小説や映画のフィクションに助けられていた自分にとっては
「アンチフィクション」という題名からして
否定されるのではないかと緊張しながら観劇。

前半は劇作家(広くはアーティスト全般)の
産みの苦しみがリアルに描かれていた。

あんなに大変なことになっていたのね...と心配しつつ、
コロナ禍のフィクションってどういう意味があるのか考えさせられた。

後半になって鈴木福くんが出てきたあたりから、物語が一気に転換。
個人的にリアルっぽい生活を送っていた主人公が
急に非現実にすっと入りこむという展開が大好きなので、
ワクワクしながら引き込まれた。
ユニコーンとか何のメタファーなんだろう。

観劇前は「否定されるのではないか」と緊張しながら観に行った自分を、
力強く肯定してもらったという嬉しさでいっぱいになった。
これからもフィクションに勇気をもらいに行きたい。

 

◉「アンチフィクション」
作・演出・出演・照明操作・音響操作すべて谷賢一ただ一人。

今日演劇を上演する意味とは、戯曲を書く意味とは等々を
私生活披露を交えて舞台に上げる演劇兼メタ演劇。
真摯かつ諧謔の直球は楽しく重い。
途中の換気タイムに客席との素の対話も。

 

◉『アンチフィクション』
凄く面白かった!谷賢一さん一人芝居。
コロナの時代、演劇とは?物語は必要なのか?
物語が書けない作家である本人自身の姿を語り演じる。
これはアンチフィクションだと言うけども…そこには確かに物語があった。
ラストも良かったな~これはお薦め!

 

◉【アンチフィクション】
谷さん一人芝居、初日公演のアーカイブ。

深刻だけど笑えて、わかりやすくてわからなくて、
リアルだけど演劇で…その揺れ動きが面白かった。

アフタートークなどのお話も興味深い。
カメラは定点ではなくスイッチングもあり、観やすかった。

 

◉『アンチフィクション』観られて良かった。
どんなに荒唐無稽な、フィクションを超えてしまうような、
現実が現れても我々は物語を諦めてはいけない。

それしかできないのかという諦めや葛藤を抱えつつ、
振り絞って舞台上に本当を乗せていかなければ。
関節の折れてしまった現実でこれからも芝居をするなら。
演劇に抱えていた靄についての手掛かりを随分ともらえたような気がする。

 

 

◉DULL-COLORED POP『アンチフィクション』
谷さんの演技を観るのは
2012年のアトリエ春風舎『ふたりマクベス、マボロシ兄妹、ほか短編』以来。

「この話には、フィクションはありません。起こること、起こったことはすべて本当です。」
てあのシーンもこのエピソードも?作家の妻にはなれないわ

 

◉『アンチフィクション』鑑賞。

思いもよらない方向から刺さってきた。
65分、ずっと対話し続けたけど、咀嚼しきれてない。
台本も買って、わかった事もあるけど分からなくなった部分もある。
「谷賢一 一人芝居」ではなく
ダルカラの冠なのは何故なのか、を考えるのも面白いかも。

 

◉「アンチフィクション」
舞台写真に惹かれ、配信にも飽きたので劇場へ。

予想以上に谷賢一の物語でありながら、
観客のために劇場という場を拓き観劇体験を提供する優しさを感じた。
60分の尺も良い。

 

◉『アンチフィクション』
内容的にはどこかで見た話。でも、今だからこそ成立する緊張感と共感。
演劇で観るのは、中身という名の物語じゃないんだってことを実感。
どんなに対策したとしても、感染も世間の目も怖くないわけはない。が、
久しぶりに息が次げた気がした。

 

◉『アンチフィクション』
アンチフィクションはアンチフィクションであり
ノンフィクションとは違う様な気がします

それから人間失格の失格の部分では無いところを感じました
僕はいつも劇場に入ると息が少し苦しくなるのですが
コロナ下の劇場はいつもと違った苦しさがありました

 

◉「アンチフィクション」。
ネタバレ禁止。

これ、ズルいよう(褒め言葉)と思いながら楽しんだ60分。
とても好きなセリフがあって幸せな気持ちになった。

 

◉『アンチフィクション』
面白い!コロナ禍でフィクションを書けなくなった谷賢一が
田山花袋ばりに自分をさらけ出して“本当の”自分を演じる。

ただし芝居にした時点でどこかフィクションなわけで…巧みな構造。
笑わせつつ今創作することの意味を問いかける。
ラストに希望の光を感じた。

 

◉「アンチフィクション」
終了後のトークショーも良かったなぁ。
たった50人ののんか、変な一体感を感じて。
芝居好きが集まってる感じ。
ますますこの劇場も好きになった。やっぱり舞台は生で観たい。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY THEATER エンジョイシアター

(Visited 69 times, 1 visits today)

-舞台
-, ,

Copyright© ENJOY THEATER|舞台ミュージカルのネタバレ口コミ評価あらすじ , 2020 AllRights Reserved.