舞台

【みんなの口コミレビュー】舞台『人類史』の感想評判評価

投稿日:

「昆夏美ちゃんの表現力が素敵でした〜!可愛かった!」「東出昌大の感情露わに声を振り絞る姿が印象的!」「過去から未来へ、人間の無限の可能性を全身で受け止めるとても力強い作品!」


上映中【2020/10/23(金)~2020/11/03(火)公開】

舞台『人類史』とは

今から約10万年前。まだサルの一種に過ぎなかった人間は、肉食動物に追い回され、両手両足を使って地べたを這い回り、木の実や虫を食べて暮らしていた。それがあるとき二足歩行を始めたことで道具・言語・火などを手に入れ、またたく間に文明を開花させ動物界の頂点に立つ。やがて高度な社会を形成し、ついには科学の力によって宇宙の仕組みにまで到達することになるが、その驚異の発展を支えたのは「想像力」、見えないものを見る力だった・・・・。

物語は、数万年単位で時間を跳躍しながら進んでいき、どの時代・どの場所にも何故か同じ顔・姿をした「若い男」「若い女」「老人」が登場する。それらは遠い先祖・子孫の関係のようにも見えるし、生まれ変わりのようにも見える。同じ顔・姿をしたこの三者を中心に10万年の人類史を駆け抜ける!

 

キャスト
東出昌大、昆夏美、山路和弘、秋葉陽司、浅沼圭、生島翔、植田崇幸、大久保眞希、奥村佳恵、小山萌子、谷本充弘、内藤治水、中林舞、名児耶ゆり、奈良坂潤紀、仁田晶凱、福原冠、村岡哲至
スタッフ
演出:谷賢一
脚本:谷賢一
入場料・上演時間・その他
 入場料金
1,000円 ~ 7,500円
【発売日】2020/09/19
全席指定
S席:7,500円 A席:5,000円
U24チケット(24歳以下):3,750円
高校生以下割引:1,000円
シルバー割引(満65歳以上):7,000円
上演時間
約2時間40分(休憩含む)

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

舞台『人類史』を観た人の感想、評価、口コミ

 

 

◉舞台『人類史』
東出さんの舞台は初めてみましたが…
この舞台人類史は一幕65分、ニ幕80分。
この間、演者さん全員が出ずっぱりなのがすごい‼️セリフも長い‼️一丸となっている。
初っ端からこんな素晴らしいものを見せられたら舞台...ハマってしまいますね☺️

 

◉『人類史』観てきたコロナ蔓延以来の観劇。
ホモサピエンス…ラテン語で賢い人間。
先ず思う事…この舞台の素晴らしさ。演出。音楽。美術。

何を問うても凄い!これが生舞台なんだ。
これが演劇なんだと思わされる。

冒頭のダンスで味わった事のない感情に浸され
ニ幕目では人間とは?と自分に問う思いになる

この感情は何だろう。懐かしき
自分への問い。真摯に演劇と向き合っている
俳優陣の方々がきっとそういう思いに導くのだろか。
良き思い考えさせられる舞台だった。生と死

今この状況だからこそ深く突き刺さるのだろうか。
山路さんの台詞が心にささり奈良坂さんの歌声が人間の進化を問う。
昆ちゃん…真摯で美しく。
東出さん感情露わに声を振り絞る姿が印象的。

☆11/3まで。KAAT神奈川芸術劇場にて。
私も今の時代を人としてどう生きるかしっかり考えなきゃいけないな。
しかし生舞台は素晴らしいですね。

 

 

 

◉「人類史」見てきました。
「サピエンス全史」は読んでないので舞台単体の感想ですが、
うーん…意欲は買うけど、相手が大きすぎて
うまく作品として料理しきれてない生煮えな印象。

俯瞰した目線や哲学のようなものは感じられず、
単純な社会進化論的なにおいのする「いいお話」になってしまってたような。

「『サピエンス全史』に想を得た」と言い、
内容もかなり依拠してるようなのに正式なクレジットは一切されず、
しかも戯曲までクレジットなしで出版しちゃうのは
法的に問題なくても不誠実に思えて、見る前からちょっと斜に構えてたのは認めます。
そしてそういう先入観を覆してもらえなかったのは残念。

シスの「日本の歴史」は日本史とある家族の歴史を重ねて描いてたし、
レキシの曲を使ったミュージカルではレキシーランドという架空の歴史テーマパークを登場させ、
どちらも長大な歴史の流れをどうすくいとるかという
作り手のオリジナルの目線が感じられたんですが、残念ながら人類史には感じられず…。

 

◉舞台【人類史】
200万年前の時代から
2時間半という僅かな刻で
一気に駆け抜けた
そして人生の輪廻転生の不思議

舞台ってクセになりますね
また観に行きたいと思います

 

 

◉舞台「人類史」を観に行きました

2階席で鑑賞
今回は1階席で見るより
2階席で見た方が
全体を見渡せてより物語の壮大さを
知る事が出来たのではないかと
個人的に感じました

過去から未来へ
人間の無限の可能性を
全身で受け止める
とても力強い作品でした

 

◉舞台 「人類史」 観劇
人類誕生から現代までの歴史を完全舞台化した作品。
前半はサピエンスたちのコンテンポラリーダンスが圧巻。
後半は数学・物理好きには堪らない。
コロナ後の舞台No1!

 

◉「人類史」観てきた
昆ちゃんのセリフがすごい、、、舞台セットがめっちゃ好きでした
半年ぶりの観劇

 

◉上演時間を見て、少し不安になった…人類史の2部!
グイグイと惹き込まれた👏
へ?!と思ったら終演でした。
舞台は生が一番なのかな👍
前の様に楽しめるのは何時になるのか、でも、これからも応援したい。
奈良坂さん、出演者の皆様、ありがとうございました🙏

 

◉観劇ウィーク。
昨日は神奈川芸術劇場で『人類史』!
尊敬する役者さんが出てらっしゃる舞台。

サピエンス全史は話に聞いたことしかなかったけど、読みたくなる舞台でした。
それぐらい演出と役者さん達が素晴らしい...
表現出来るって凄いことだと改めて感じました。

 

 

◉舞台『人類史』
1幕は200万年前からの時代を前衛的な表現で☺️
2幕は中世ヨーロッパでガリレオのお話し。
もっと七変化的に時代を進むんかと思ったけどこれはこれでOK👍
昆ちゃんの歌もっと聞きたかったな。☺️

 

◉『人類史』。
あのヘブライ大学の歴史の先生の分厚い本(ユヴァル・ノア・ハラリ『人類史』)が
こんなにもユーモアと夢とほろにがい現実を兼ねそなえた向日性の舞台になるとは。
台本にも音楽にも振り付けにも演技にも教養がありました。
第二幕の後半から涕泣しておりました。もう一度見に行きます。

都会のまんなかで音なき漆黒の闇と降るような
原初の無限の星空が体感できるのは劇場ならでは。
学問を求める人間の心と、宗教と演劇のある社会への洞察も深い。

谷賢一さんの脚本・演出の舞台に接すると、
わくわくするようなできごとをたくらむ共犯者になったようなよろこびが味わえます。

第二幕のガリレオの弟子のアンドレアと物理学者アダモと
男装の数学者アウグストの交流の描写も、
ガリレオ先生が歴史学者の息子に語る科学の心の場面も希望があって素敵。


権威の枠のなかでなら堂々と語れる声を獲得した「善良」な教会婦人と
保守的な宗教者の欺瞞をユーモアに包んで提示する手腕も見事。

ほねじゅうクラスタの人はぜひ見に行ってください、『人類史』。
文明の発生の描写にも、どこまでも知りたいと思う
心と愛と友情の描写にも震えるところがきっとある。

全員が歴史の怒濤を語りつぐ幕切れで、
ビレッタをかぶった白い衣の僧侶が「人類は猿から進化したのだ!」と叫ぶ一瞬があります。

 

 

◉谷賢一『人類史』を観た。
「『サピエンス全史』を元にした舞台」と言われても
内容を全く想像できないと思うが、本当にあの本を舞台にしてしまっていた。

そして、あそこで描かれていた人類の「物語」を
さらに舞台というフォーマット上でアップデートしてしまった。ほんとうに傑作。

 

◉「人類史」観劇。
ハッとさせられるセリフの数々。やはり自分の目で見て、経験しなくては。
志磨くんらしさが感じられつつ、舞台を彩る音楽も素敵。
早速購入した戯曲を読もう。きっと千秋楽で違った観方ができるだろう。

 

◉『人類史』鑑賞
原作の「サピエンス全史」が200万年前から近未来までを
上下巻にまとめたっていうのにもたまげたのに、
今度は1つの舞台で完結させようってんだから良い意味で頭おかしいわ

観劇の前にサピエンス全史おさらいしていったので、
ラストとかでちょっと変えてるとことかおもしろかった。
コロナの今ならではの演出や政治的な言及があるのも谷さんっぽくて良かった。
あと200万年前の類人猿ダンス(?)というか体の動かし方がしなやかで綺麗

劇中の音楽も、太古の音楽(音楽の起源みたいなやつ)や
宇宙の神秘的なものや人間の優しい雰囲気のまであって幅広く楽しめた!
やっぱちゃんと考えられた歌詞付きの曲は劇が豪華になって良い⭕️

 

◉舞台『人類史』初日。
ベストセラー「サピエンス全史」に基づき、
人類の歴史を2時間半で総まくり。

谷賢一さんらしく情報量が多くて、
終盤のガリレオをフィーチャーしたパートは台詞の大洪水に陶酔(^^)
昆夏美さん大活躍でファンとしては嬉しい限り。
東出さんもさすがの舞台映え。ぜひ!

 

◉『人類史』初日観てきました。
『サピエンス全史』の世界が、
人類200万年の歴史が2時間の舞台に凝縮されていたよ!

気の遠くなりそうな時間をジェットコースターのように駆け抜ける面白さ。
そして結末にも唸りました。

 

 

◉『人類史』観劇。谷賢一の作・演出。
いやぁこれはすごい見応え。ガリレオの時代が圧巻でした。
東出昌大はさすがに舞台映えするなぁ。

私が特に興奮したのは、じつは開演するときの真っ暗闇。
これから私たち人類の歴史が始まるんだ!と思うと胸が高鳴りました。
開演時に灯りがすっと落ちて、
そのこと自体にあんなに意味を感じたのは初めてかもしれない。

 

◉「人類史」
生命、認識、発見、言語、進化、知恵、
祈り、共存、生活、所有、富、権力、信仰、探求、再発見、挑戦。
本当に舞台で人類を辿っていた。

特に縄文人のような踊りが圧巻だった。
土に生き、天を仰ぎ、大地を開拓し、生命に感謝をする。
かつての人間の起源を想像させられ目頭が熱くなった。

 

◉舞台『人類史』初日。
いいものを観れた!久々の舞台の匂い。それだけで幸せ。
創造論。進化論。世界を、宇宙を数学で読み解く。
丁寧に歴史を追って、感じることは、ここ10年がやばいってこと。

聖書は人を介している書物であることや、神はいないとすると、
自分の存在意義が無くなってしまうことなど。
私が学生時代に考えていたことと重なって、熱かった。
2050年、どんな未来になるのか。私は5Gが怖いです。

エラの振付は群像を操る絵画のようで。
コロナ禍でこのクオリティの舞台は凄いや。
どうやって稽古したんだろう。楽しみました!

 

◉舞台『人類史』
2回目の観劇

今回は…揺さぶられた!
もう第二幕序盤から
謎の涙が止まらなかった
悲しいでも
苦しいでも
切ないでもない
呼びようのない揺さぶりにあいました

今回は中央から観劇
全体がよく見えて一幕のダンスの素晴らしさも確認

セリフがない時間、
前回は眠くなっていたんだけど、
全体を見渡せて作品全体の作りを愉しめたのでした

第一幕は人類がサピエンスから
知恵を言葉を持つまでの話
第二幕は更なる進化の話
第二幕での数学物理学天文学のやりとりは、
もうワクワクしかない!

そう、学ぶって、知るってこういうこと!
という高揚を一体になって感じられる
それってどういうこと?!
という問いかけにありったけの
知識と経験でぶつかり合う
そうやって人は進化してきた

第二幕以降の台詞が秀逸過ぎて、
閉幕してすぐまだぐちゃぐちゃの顔で
この本を買いに行った次第です
難解感出しているパッケージしていますが
なんの前情報も予習もなく楽しめる作品です

こどもたちにみて欲しい作品
なんで勉強するの?
なんでやりたくないことやってるの?
なんで生きているの?
どうして?
と疑問をいつも抱いている若者にきっとヒントになる要素がたくさん仕掛けられているから

この作品をもっと多くの場所の多くの人に届けて欲しいよ

御目当ての音楽も、今回はじっくり受け止めてきた
二幕の音楽たちはらしい曲が散りばめられているのです
一幕の最初と中盤(絵を描いている場面)にすごく綺麗な音がしたのです
解説がほしいなぁ

 

◉舞台『人類史』
コロナ対策がしっかりしていて、靴裏もマットを踏み消毒、手指の消毒、
サーモグラフィー的な検温、チケットは自分で切る、
そしてLINEを利用したコロナお知らせシステムに登録し、
ホールに入る手順となっていました(安心😊)

感動を言葉で表すのは、私の拙い文章力、
陳腐になってしまいそうで怖いですが…

まさかこんなに気持ちが持っていかれるものか…と。

バリバリの舞台俳優さんやダンサーさん達に混じっても
主演の東出さんはオーラが半端なく、目を奪われました。
台詞や身のこなしは、映画やドラマとはガラッと違う、
そしてまた、先日の「憂国」とも違う、新しい東出さんを観ました。

ホントしなやかな身のこなしで、
しっかり体幹を作って臨んでいるのだろうと思います。

どうも私は、台詞回し等よりも、
踊り等が始まるとウキウキしてくる事が判明しました(笑)

山路さん、昆さんをはじめ俳優さん達の身体的表現や台詞の響きが素晴らしく、
映像化か何かでもいいから、また観たいなと思いました。

音楽や振付けもホント素晴らしかったです。

 

◉『人類史』見てきました。
劇場側の配慮か
50%くらいの入りで寂しい限り。
東出昌大さん、185センチ
顔ちっちゃいし素敵❤️

 

◉舞台『人類史』
再び観てきた。

やっぱりこれ傑作。ダンス、言葉、音、美術、
それを生身の人間が命を吹き込んで表現してくれる総合芸術みたい。
美しい鼓動が交差する素晴らしかった。

余韻。幸せな余韻。あとやはり手足の長い東出さんのダンスとてもいい。
彼はこれからコンテンポラリーやってくれたらいいんじゃないかとさえ思ってしまった。
拍手。

 

◉「人類史」観てきました。
きっかけは昆ちゃんが観たかったから♡︎

でもどうしても、真ん中に立ってる彼が気になりますね。
もう復帰してたんだーという感じでした。

観るまでドキドキしてました、何故か、私が。笑
いや、きっと彼の方がドキドキしてたと思う。

お話は、200万年前から地動説が認められる時代くらいまでの
人類の歴史を表したもの。

冒頭は、人類は4足歩行で声も出せず、
ただ動いてコミュニケーションにもならないやり取りをするだけ。

ここの体現がとても素晴らしかったです。
声も発せず4足歩行で、軽々と動いているだけなんだけど、迫力がありました。

時代が進んで話せるようになってからの場面ではセリフ量の多さに驚き。
こないだの「真夏の夜の夢」もそうだったけど、みんな噛まなくてすげぇ…

東出くんも昆ちゃんも素晴らしかったです。
東出くん、スタイル鬼ヤバかった…

楽しかったです✧︎*。

 

◉舞台『人類史』
ひさしぶりの観劇。

美しく逞しく素晴らしい舞台だった。
エラさんの独特な振付が面白く音も言葉も心に残る。
思わず戯曲も買ってしまった。

 

◉舞台『人類史』
やっと昆ちゃん観れた!
ストレートプレイも、圧倒的な存在感!凄かった!

 

◉舞台『人類史』
東出昌大出演の人類史を鑑賞。😊
200万前の人類誕生から現代までの人類の歴史を
かいつまんだ内容で面白い試みだった。😄

プライベートでは色々と有った彼だが、
やはり舞台映えする役者で、
その高身長も手伝ってか躍動感があった。👍

初めて行った神奈川芸術劇場、通称、
KAATも素晴らしい劇場で雰囲気がある舞台であり、
隣接するハイアットホテルと並び、
横浜のエキゾチックな雰囲気にピッタリとマッチしていた。😆

 

◉『人類史』を観ました〜。

Eテレを思わせるポスタービジュアルと壮大なタイトル、
人類200万年の歴史を一挙に舞台化というコンセプト、
そして主演は東出くんで音楽劇!?

こ、これは一体どんな…ドキワク😳⁉️と観に行った人類史、
想像以上にタイトル通りの「人類史」でした🕺🌎💃🏻!!

 

◉舞台『人類史』
初日伺いましたー😆
KAAT ステキな劇場でした🎀
そしてお話が面白ろすぎました。
20万年間を3時間弱て
ストーリーの世界がミラクルです、と
思いましたが 考えたら流行歌は4分間前後
ですよね😆照明、音響、美術、衣装
すべて ほぉ🤭と見惚れました🤩

 

◉東出昌大さん
昆夏美さん
山路和弘さん
が出演されてる
「人類史」を観てきました!

過去の尊さと未来の未知を実感しました
真っ新な昔から、長い年限をかけて今になり
長いけど、宇宙単位で考えたら長くないような
これからどうなるんだろう…
色々なものが発明されて、便利な世の中になっていて、生活は豊かなんだけれども
なんだか寂しいような気も、私はしています

便利は素敵で、私も目を光らせて生活に交えているけど
このまま、さらなる発展が進み
例えばAIが人間を上回ったとき
さらには不死身の世界になったとき

感情が薄れてしまう気がして
未来への光とともに恐怖も感じます

また、人間の知恵って凄まじくて
人間は天才だと!!
その知恵を正しいものに使い続けていきたいと

そんな感情になった作品でした

憧れの昆夏美さんの表現力が素敵でした〜✨可愛かった💗
東出さんはもう、なんというかオーラがすごかったです👀
直向きに目の前にあるものや人にしっかりと向き合う姿をみると、
あまり知らない人に対してもぐっとくるものがあるんだな
と実感しました😊

 

◉舞台『人類史』観劇するために横浜へ。
主演は東出くん。素晴らしい舞台でした。
やはり表現がアウトプットされる、そしてそれを見て
何か感じることが出来るのは人間の特権だなと。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY THEATER エンジョイシアター

(Visited 539 times, 1 visits today)

-舞台
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY THEATER|舞台ミュージカルのネタバレ口コミ評価あらすじ , 2020 AllRights Reserved.