舞台

【みんなの口コミレビュー】舞台『殺意 ストリップショウ』の感想評判評価

投稿日:

「鈴木杏の一人芝居。台詞量。声色。圧巻だった!」「理路整然とした感情のうねりに飲み込まれる!」「今の時代にこんなに刺さるとは。ものすごいので絶対見てほしい!」


上映中【2020/07/11(土)~2020/07/26(日)公開】

舞台『殺意 ストリップショウ』とは

人間の本質に激しく迫る衝撃の結末!
あるダンサアの一途な恋と壮絶な半生を描く一人芝居

『殺意 ストリップショウ』は、その鋭い筆致で人間の強い生命力や深い業を描いてきた三好十郎が、1950年に発表した、一人の女性ダンサアが語る衝撃的な半生の物語です。

この刺激的な作品に挑戦するのは...

 

キャスト
鈴木杏
スタッフ
演出:栗山民也
脚本:三好十郎
入場料・上演時間・その他
 入場料金
3,000円 ~ 6,000円
【発売日】2020/06/21
全席指定一般 6,000円
高校生以下 3,000円
U24 3,000円
上演時間
約2時間0分(休憩なし)

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

舞台『殺意 ストリップショウ』を観た人の感想、評価、口コミ

◉『殺意 ストリップショウ』。
実際に上演することで、素晴らしい戯曲を後世にリレーしていく。
そのことについて取材で語っていた鈴木杏さん。
そのおっしゃっていた言葉がまざまざと思い出せる舞台でした。

三好十郎の戯曲を2020年に俳優がその身体で、
その声で、舞台で発する場に立ち会えて幸運でした。

人間とは、生きるとは、などと考えていた今だから
フラットに見られない自分もいて、そのことについても考えるしかないなぁと。
選択は常に無数にあるが見えはしないのだと。
だが、そんな"個人的な今"への感傷を凌駕する強度を持っている作品だった。

 

◉鈴木杏さんの殺意ストリップショウ見た
すぎるんだよなあ、、、

 

◉劇場芝居に復帰しました。殺意ストリップショウ。
圧巻の120分一人芝居。
青空文庫に三好十郎のテキストが上がってるけど、
言葉の物量に圧倒される。栗山民也と鈴木杏。

殺意に取り憑かれている主人公のダンサァに、あるきっかけが訪れる。

丸い生き物が昨日から嘆きながら繰り返す、
そこで一本電話が鳴ったら、
飼い猫がにゃあと鳴いたら、目の前をハエが飛んだら、
人は淵から飛び降りずに、一歩後ずされる。

反芻しては二人で泣いている。

 

◉『殺意 ストリップショウ』
栗山民也さん演出の鈴木杏ちゃん1人舞台。
2時間、一人の女性の鬱屈とした、
しかし理路整然とした感情のうねりに飲み込まれる。
観客はその肉体から迸るエネルギーを
全面に受け止め、理解していく舞台だった。
はじっこだけど最前列なのでフェイスシールド付き。

 

◉ようやく落ち着いてきた。というくらい、凄かった
「殺意ストリップショウ」。

三好十郎の言葉の強さを、
体現という言葉じゃおさまりきらないほどの表現。
魂の叫び。ずっと歯をくいしばって見てた。

演劇があることの意味を、考えていた。
これは読み物や映像だけでは、伝わらない、怒り。

常々、戦争を経験した表現家には、叶わないと思っている。
言葉であれ、絵であれ。戦争賛美ではなく。

私たちには想像を絶する理不尽な物事への絶望と怒りと哀しみ。
それを無理矢理味わわされたのだから。
その語り部としての作品があることを実感した。

 

◉「殺意 ストリップショウ」
三好戯曲の日本語の美しさとそれを完璧に物にしている
鈴木杏さんにひたすら震える2時間。

素晴らしいお芝居であると同時に動き一つから声色の使い分けまで
完成されたショーでもあるのが本当にすごかった。
勝手にずっと目が合ってる気がした場面が思いっきりガツンときました。

 

◉『殺意ストリップショウ』
圧巻の2時間休憩なし。
鈴木杏ちゃん大好きなんだけど、本当に凄い。
生身の女としての魅力が見るたびに増してきて、匂い立つ。

 

◉三好十郎作、栗山民也演出、鈴木杏(緑川美沙役)による
「殺意・ストリップショウ」を観劇

鈴木杏による2時間の一人芝居
人間の醜さ不純さはそのまま観る側にも当てはまり、
杏演ずる緑川の葛藤にも通じる。

最後は彼女の仏の様な透明な姿が美しく、
許しにも似た理解によって救われた

 

 


「殺意 ストリップショウ」を観劇!
鈴木杏さんの2時間ノンストップの一人芝居!
演技もさながら台詞の量がハンパない!
女優魂、しっかりと受け取れました!
今、このご時世だから舞台など
いろいろと言われてますが
ちゃんとガイドにそって運営されてました!

 

◉「殺意 ストリップショウ」
人の生に真正面から挑みかかるような三好十郎らしさを色濃く感じる。
その並外れたエネルギーが俳優を追い詰めるかと思いきや
鈴木杏は嬉々として演じ、2時間疲れも見せず、
喋り通しのセリフも何一つ上滑らない。
あの格好で観客を緊張させないのもすごい。

主人公が殺意に突き当たった瞬間、
“あ…、この人、アレを持ってたわ”と前半に出てきた
小道具を思い出させるニクイ仕掛けあり。

戦争があぶり出した人の狡さや弱さに向き合いながら、
多面に見えたそれらもすべて人間の中にある、とタフに飲み込む。

 

◉『殺意ストリップショウ』
鈴木杏の一人芝居。三好十郎の戯曲は
いつもその熱量にやられてしまうのだが、今回も凄かった。


杏ちゃんはまさに体当たりの演技で、かと言って
力任せではなく素晴らしかった!
その向けられた刃は観客にも問いかけ突きつける、
いつでも刺せますよと。

 

◉『殺意 ストリップショウ』を観てきました!
久々の本格的な観劇。
杏ちゃん素晴らしかったです!

2時間の長さを感じない内容だったけど、
久しぶりの観劇のせいか身体はアチコチ痛い

 

◉三好十郎という名だけは知っていて
確か転向文学者の一人だったなあと。

『殺意 ストリップショウ』には屈折した形で
各登場人物(一人芝居だけど)に三好自身が投影されているのだろう。
鈴木杏、もうもう渾身の名演。

 

◉「殺意 ストリップショウ」

鈴木杏さんの一人芝居。台詞量。声色。圧巻だった。
三好十郎氏の戯曲。
その一字一句が浮かび上がるような感覚で、
いろんな感情がぶつかって混ざり合う。

思い返すたびにぞわぞわする。
舞台に立っていたのはたしかに〈緑川美沙〉だった。
この緊張感。これぞ芝居。

 

◉殺意 ストリップショウ

杏さん、最高でした
舞台の熱量を満喫、よかったぁ
清楚から淫売まで
さらに何人もの演じ分け
殺意がナイフに乗って心に突き刺さるるようだった
舞台はいいなぁ
つくづく感じた

 

◉『殺意 ストリップショウ』
凄い!!もうもう本当に本当に凄かった!!
鈴木杏さんの第一声 (カッコ良すぎ) で
私は一瞬にして心を掴まれ、あの熱量で二時間ぶっ通し。

暗転しないし捌けないし本当にずっと客席とがっぷり四つで、
人間ってあんなに台詞を覚えられるものなの!?驚愕。

 

◉「殺意 ストリップショウ」
鈴木杏に圧倒される。
戯曲は高級ナイトクラブという設定だが、出べそを囲む席の配置で、
トラムがストリップ劇場になったようだった。

 

◉凄いものを観ました。
鈴木杏さんの一人芝居「殺意 ストリップショウ」

緑川美沙の人生と太平洋戦争前後の空気感がそこに満ちていました

時代の流れに生き方を合わせるのか
生き方が時代の流れを作るのか

多数の人の生き方が時代の流れを作るのだと思います

作 三好十郎
演出 栗山民也

 

◉「殺意 ストリップショウ」終了。
面白かった。後方での観劇だったけれど迫力があった。
思想と、それを意識せずうまく使う人と、取り残される人と。

殺意は執着で偶像化の結果なのかもしれない。
めちゃくちゃ今に合ったお芝居で、
自分を振り返ってしまう内容でした。
鈴木杏さん、すごい。

初心を誠実に持ち続ける難しさ、見分ける眼、黙らないこと。
三好十郎の脚本だから余計に刺さるよね。映像化してほしい。

 

◉鈴木杏さんの、一人芝居
「殺意 ストリップショウ」
いやはやすごい役者になったもんだ。場を支配する圧倒的なお芝居。
「キレイ」の、ダイダイカスミもとても良かったっけ

NHKの「六番目の小夜子」の印象が強く今も杏ちゃん、と呼んでしまう。

 

◉『殺意 ストリップショウ』を観てきました。
ひさびさの三好作品、楽しかったぁ!!

今まで観た中では比較的えぐくないなと思いましたが(台詞量以外)、
人間という理解可能なものと、戦争という理解不可能だが知ろうとすべきものと、
両方が鮮やかに描かれているように思えて心地よかったです。

 

◉『殺意 ストリップショウ』
作 三好十郎 演出 栗山民也

凄まじいものを見た。作品も鈴木杏も凄まじかった。
この時代にこの一人芝居を見れて本当に幸運だと思う。

終わったときには正気が吸いとられていた。
最後まで上演できますように。

 

◉鈴木杏一人芝居『殺意 ストリップショウ』
素晴らしかった!!今の時代にこんなに刺さるとは。
二時間休憩無しで一人きり。ものすごいので絶対見てほしい!!!

 

◉「殺意 ストリップショウ」
作:三好十郎
演出:栗山民也

劇場へ見に行ってきました。

本もお芝居も本当に素晴らしすぎて、いやはや…

言いたいこと沢山あるけど、私がいうと安っぽくなっちゃうから
あんま言えんけど、これだけは言いたいのは

生のお芝居の尊さたるや、、、

 

◉「殺意 ストリップショウ」
鈴木杏の一人芝居。休憩なしで約120分間話し続け、
時に身をくねらせ、叫ぶ。

観る我々に鋭い刃先を突き付ける熱演。
致し方ないとはいえ、コロナ対策で劇場の座席を減らし、
ごく限られた人数しかこの素晴らしい舞台を
その場で目撃できないのは本当に勿体ない。

 

◉三好十郎『殺意 ストリップショウ』。
鈴木杏の一人芝居。

難解な思想劇だが素晴らしい。
戦中戦後に転向しつつしゃあしゃあと生きているエリート知識人への怒り。
だがストリッパーの小娘は、人間の醜さを直視し、
怒りから赦しへのカタルシスを経験。

 

◉『殺意 ストリップショウ』
鈴木杏ちゃんの緑川美沙、
何度もそのまっすぐな感情と怒りに飲み込まれそうになる。
彼女が吐く怒り。人間の業をたっぷり見せつけられた。
第二次世界大戦前後の絶望感に今が重なる。

充実したパンフレットが無料
劇場のコロナ対策含め、貴重な上演に感謝します。

 

◉三好十郎作『殺意 ストリップショウ』観劇。
鈴木杏ちゃんの一人芝居。
ストリップダンサーである彼女が最初に
舞台に出てきたときウルっとなったのは上演への感謝。

2時間出ずっぱり、三方囲まれ背後上に大きな鏡がある逃げ場のない舞台。
杏ちゃんと緑川美沙の生命力が重なる。

 

◉久しぶりの舞台は、
鈴木杏ちゃんの一人舞台「殺意 ストリップショウ」

杏ちゃんのための杏ちゃんに書き下ろされた作品のような舞台でした!
杏ちゃん、とっても素敵でした!!

 

◉『殺意 ストリップショウ』
自粛以来の生観劇
行っていいのかかなり迷った、、
杏ちゃんがとにかく素晴らしくて、結果行ってよかったんだけど、
全然集中できない自分がいて、
たった3ヶ月の自粛でこんなに変わっちゃうのか!!と思ったら怖くて仕方ない

 

◉『殺意 ストリップショウ』

今、自我とか日常とかそういったものを模索する話がとても心に刺さる。
一時凌ぎや祭りでもなく、長く続いて途中で
やめられないものを、考えなきゃいけない。

滑稽で直視するに耐えられないものを、見続けなきゃいけない!!

私の大好きなロシアの小説、
ニーナ・ベルベーロア『伴奏者』っぽくもあり、とても好きな物語だった。
もちろん、俳優の熱演も素晴らしい。

そして運営の皆さんの努力にも感謝します。
観劇できてとても嬉しい。無事な閉幕を祈ります。

 

◉『殺意 ストリップショウ』初日観劇
栗山さん演出!鈴木杏ちゃんの一人芝居!

ある一人の女性によって語られる、彼女の身の上話
戦時中、兄から希望を託され送り出されて上京
戦中戦後を通しての彼女の変化、そして、
とある人物への殺意を抱くようになるまでの経緯が語られる

脚本がとてもおもしろい
1950年の作品のようだが、
古さを感じさせず、ぐいぐいと話に引き込まれる
2時間飽きずにあっという間❗

舞台美術、衣装、小道具、照明、音楽…
すべてがとても効果的に作用し合う
栗山さんの演出はやはり素晴らしい😆✨

鈴木杏ちゃんは、
2時間喋りっぱなし!
すごい台詞量!
圧巻!
目まぐるしく表情が変わる、渾身の演技
まさに、美沙子を生きている

脚本・三好十郎、演出・栗山民也、出演・鈴木杏
素晴らしい出逢いの化学反応

初日で既に素晴らしい完成度だったが、
公演日を重ねてどのように熟していくのか楽しみ

 

◉『殺意 ストリップショウ』
自粛明け、一発目の舞台やはりこのかた!
待ってました。

一個飛ばしのソーシャルディスタンス配席はゆったり見れて良いです。

 

◉『殺意 ストリップショウ』
無事に初日の幕が開きました🤗
圧巻でした!

 

◉『殺意 ストリップショウ』
初日。シアタートラムもようやく開きました。
鈴木杏 一人芝居2時間。
そりゃ、すごい大変…

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY THEATER エンジョイシアター

(Visited 233 times, 3 visits today)

-舞台
-, , , ,

Copyright© ENJOY THEATER|舞台ミュージカルのネタバレ口コミ評価あらすじ , 2020 AllRights Reserved.