ENJOY THEATER

注目の、舞台・ミュージカルなどの口コミ、評判、評価、感想などを一挙公開!!

【みんなの口コミ】舞台 『岸 リトラル』の感想評判評価

舞台 『岸 リトラル』口コミ感想ネタバレ 舞台 『岸 リトラル』あらすじ 公開上映中おすすめ舞台ミュージカル

「ただただ圧倒されて揺さぶられた!」「演劇の醍醐味がぎゅっと詰まってる!」「『舞台俳優 大谷亮介さん』の魅力を堪能できた!」


上映中【2018年2月20日(火)~3月11日(日)公開】

舞台 『岸 リトラル』とは

出演が明らかになったのは岡本健一、亀田佳明、栗田桃子、小柳友、鈴木勝大、佐川和正、大谷亮介、中嶋朋子の8名。併せて公開された仮チラシには、キャスト名とともに「この遺体を埋葬すれば、命のページをめくることになる」という一節が記されている。

「岸 リトラル」は、2014・17年に同劇場にて上演された「炎 アンサンディ」と同じく、レバノン出身の劇作家ワジディ・ムワワドによる“約束の血4部作”の1つ。今回が日本版初演となる。演出は上村聡史が「炎」から続投。ワジディ・ムワワド作品に再び挑む。

 

キャスト
岡本健一/亀田佳明/栗田桃子/小柳友/鈴木勝大/佐川和正/大谷亮介/中嶋朋子
スタッフ
作=ワジディ・ムワワド 翻訳=藤井慎太郎 演出=上村聡史
入場料・上演時間・その他
 入場料金
全指6,800円 *24歳以下・高校生以下料金あり
上演時間
約3時間30分(休憩あり)

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆

下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

 

舞台 『岸 リトラル』を観た人の感想、評価、口コミ

 

 

 

岸リトラル、観終わった。
まだなあんにも、言葉にならない。
あっけにとられながら、これから帰る。

 

「岸 リトラル」を無事観てきた帰り道。圧倒されどんどん引き込まれて3時間半があっという間だった。現実と空想の狭間を旅していた。戦争の悲惨さ、父と息子、生と死の感覚‥生々しく強烈なのに笑いもあり‥ん〜言葉に上手くできない。

 

 

「岸~リトラル」
チャンネルが変わるような時間往来や劇中劇、美術、色塗る等、演劇ならではの表現が凄くカッコいい。
舞台上から登場人物の身体や言葉を通し投げかけられる様々な事を考え、感情移入して。
私もウイルフリード達と一緒に旅をした3時間半。観劇後も色々な思いがじわじわと染みてくる。

 

岸リトラルは色んなことを思う舞台だと思う。混乱して、笑えて、訳がわからないって言う人もいるかも。
だけど、構造の複雑さに惑わされないで、登場人物たちの言葉だけに集中してみれば、これって凄く「書かなければならないから書いた」本だったんだと分かるはず

 

シアタートラムにて「岸 リトラル」を観ました。

モンテクリスト伯でご一緒した岡本健一さんと、文学座のかめちゃん(亀田佳明さん)ご出演です。
いやぁ、やっぱりすごいなぁ。
近づきたくてもレベルが高すぎて、、、でもとっても勉強になりました!
いつかこんな作品、チャレンジしてみたい。

 

シアタートラムで「岸 リトラル」 人間の欲、仏教の教え、色々と難しいことを考えた。
文学座の3人、佐川さん、亀ちゃん、栗田桃子さんは鉄板でした。岡本健一もかなり良かった。

 

上演に際して橋爪さんが言っていたこと、本当にわかる、
見なければいけないものを直視する勇気がない時に、演劇はその勇気をくれるね #岸リトラル

 

シアタートラムで観た「岸 リトラル」一晩経って益々印象が強くなっている感じです。
公演パンフによれば、昨年3月に観た「炎 アンサンディ」と同じく、レバノン出身の脚本家・演出家ワジディ・ムワワドが「炎」に先立って書いた作品とのこと。

 

岸リトラル@シアタートラム。まだイキウメの記憶が新しいシアタートラム。劇場に入ってセットを見た瞬間から、ムワワド&上村さんの世界に連れて行かれてしまった。セットが体に入ってきそうなこの濃密な空間はトラムならでは。

 

岡本健一さんが出演している舞台「岸 リトラル」を観劇してきました!💖

ネタバレになるから言わないけど凄かった!✨
皆さんとっても演技が上手い!
あと、席が良かった!!

 

岸リトラル。そして重要な役どころの大谷亮介さん。心に住む騎士、盲目の村人、監督、どの役も大切な言葉を語る。立ち姿も声も素晴らしい大谷さん、重厚さや軽妙さ、キュートさも表現して美声で胸にずしんと響かせる…。「舞台俳優 大谷亮介さん」の魅力を堪能できた!( 〃▽〃)→

 

岸リトラル、3時間半で結構しんどめなシーンもありますが、
「体験」している感覚にさえなってくる引き込まれ感がほんとにすばらしいので、ぜひ。

 

シアタートラムにて『岸 リトラル』マチネ観劇。初ワジディ・ムワワド作品。生前逢う事のなかった父の遺体を埋葬しに内戦の傷跡癒えぬ父の故国(恐らくレバノン)を訪れる息子と、現地で出逢って彼と旅する仲間たち。戦争を知らない息子と戦禍に傷ついた仲間たちを抱きしめるのは死して尚語る父親だ。

 

「岸リトラル」@トラム。出演者皆さん熱演が凄かった!正直、内容全てを理解し消化するの私には無理かな。でも、大谷さん演じる騎士ギロムラン&盲目の老人が語る言葉や、亀田さん演じる青年ウィルフリードの仲間達自身の物語は胸に刺さり…残酷な表現もあって聞いてるの辛い事もあったけど

 

「岸リトラル」死者との鎮魂の旅。道中、仲間が増えて行き…。個々に起こった出来事はかなり重く厳しいものがあるけど、ちょっとファンタジー。岡本さん演じる父(死体)の可笑しみと大谷さんの騎士が空気を随分と和らげる。亀田さんの息子も良かったな。

 

『岸リトラル』観劇しました。生きるとは…死ぬとは…。凄い世界を8人のキャストで、造り上げていました!戦争とは…平和とは…。今いる時間は当たり前ではない、やはり感情が動き捲りでした。親とは…子どもとは…。

 

(Visited 309 times, 1 visits today)

次のページへ >

© 2022 ENJOY THEATER|舞台ミュージカルのネタバレ口コミ評価あらすじ